ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オービスの主流「LHシステム」のLHは何の略?

オービスの主流「LHシステム」のLHは何の略?

無人式の自動速度取り締まり装置「オービス」は時代とともに進化し続けています。そしていま、オービスの主流となりつつあるのが「LHシステム」です。路上のアーチに設置されたCCDカメラと赤外線ストロボの撮影ユニットが外見上の特徴になります。LHシステムについて詳しく見ていきましょう。

LHシステムはループコイルで測定

スピード取り締まりは大きく分けて、「無人式」と「有人式」の2タイプに分類できます。無人式とは、路上に設置されたカメラと赤外線ストロボでスピード違反者を自動的に撮影する固定式のもの。いわゆる「オービス」です。

オービスは、10.525GHzのレーダー波を使って車速を測定する「レーダー式オービス」と「Hシステム」がかつては広く使われていました。そして、近年主流なのがレーダー波を使わず道路に埋め込まれたループコイルによって測定する、「ループコイル式オービス」「LHシステム」です。

この4種類のオービスに加えて、もう1つ覚えておきたい新型が「移動式オービスiM」。この新型取り締まり機はコンパクトで、標識のように生活道路などに設置できるのが特徴です。

LHシステムは白線が撮影ポイント

そして、老朽化したレーダー式オービスやHシステムからの置換や、新設される際に設置されるのが東京航空計器が提供する「LHシステム」。このLHシステムが設置台数を急速に増やし、いまやオービスの主流となりつつあります。

LHシステムの名前の由来は“ループコイル(Loop Coil)式”の“Hシステム”。そのため、ループコイル式オービスと同様に地中に埋設された磁気センサーで車速を測ります。

そして、違反車両の撮影はHシステムと同じように、路上に張り出した支柱に設置された赤外線ストロボとCCDカメラで行うという仕組みです。なお、手前の白線がLHシステムの撮影ポイントとなっています。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy