ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

塩麹に漬けた蒸し鶏が超カンタンなうえにつまみにピッタリなので、全力でオススメしたい

f:id:naruse_e:20161121163511j:plain

もうタイトルですべて言いたいことは言っているので、以上です。

……なんてことを言うと編集部からドロップキックを食らううえに、担当編集さんが涙にくれること間違いなしなので、そのまま書き進めますね(※比喩です)。

毎日、仕事でいろいろと頭を使っているうえに、夕食の献立にまで頭を使いたくないですよね……。なかには「料理することがストレス発散になる」という人もいて、うらやましいことこのうえないのですが、残念ながら私はそんな性格を持ち合わせていませんでした……。

で、閉店直前のスーパーに駆け込むのですが、微妙に大きいサイズのパックだったり、塊肉ばかりだったりで、使いやすいサイズのものが売り切れていたりするんです。そういうときに限って残っているのが、鶏ムネ肉。

いや、いいんですよ。良質なタンパク質が豊富に含まれているし、鶏の他の部位よりも安くて経済的だし、言うことな……いや! あるわ! どうしてもパサパサになってしまうのですよ!

やっぱりジューシーな鶏モモ肉よりも使いづらさが否めませんし、それがそのぶん価格の安さにもつながっているのかな、という気がしますが……日陰の存在たる鶏ムネ肉にね、ピシーッ! と光をあてようと思います。今回は、鶏ムネ肉を使って簡単に蒸し鶏が作れるよ! という話です。

一晩漬けなくてもOK! カンタン蒸し鶏の作り方

f:id:naruse_e:20161121162857j:plain

まず鶏ムネ肉にフォークを使ってブスブスと穴を開けていきます。この動作でストレス発散できる気もしますね。勢いよくやりすぎてケガしないように!

f:id:naruse_e:20161121162914j:plain

鶏ムネ肉を丸ごとビニール袋に入れちゃいます。それと塩麹大さじ1杯も。塩麹は市販のもので大丈夫ですよ。

f:id:naruse_e:20161121163049j:plain

そして袋の上からこう!(むぎゅっ)

鶏肉に塩麹がまんべんなく行き渡るようにもみ込んでください。袋に穴が開かない程度でかまいませんが、思いきりよくギュギュッともみ込んじゃいましょう!

f:id:naruse_e:20161121163249j:plain

で、鶏肉はそこらへんに少し置いといて(雑)、その間に長ネギ1本を斜めに切ります。

f:id:naruse_e:20161121163304j:plain

あとショウガ1かけを千切りに。あ、でもこれはお好みでかまいません。チューブ入りのおろししょうがでもいいし、なくてもいいし。

f:id:naruse_e:20161121163316j:plain

はい、これは一時期流行ったシリコンスチーマー。みなさん、活用してます? 私はめっちゃ活用しまくってます。もし持っていない人は、耐熱性の大きなバットを使ってくださいね……って、たぶんバットを持ってる人の方が少ないから、つべこべ言わずに手ごろなシリコンスチーマーを手に入れてください! 便利だから! どうしても嫌だという人は耐熱皿ぐらいありますよね? ね?

気を取り直して、長ネギの白いほうからなんとなく敷き詰める感じで、シリコンスチーマーに入れます。

f:id:naruse_e:20161121163340j:plain

はい、ここで鶏ムネ肉再登場! よく「塩麹に一晩漬け込んで……」なんてレシピがありますけど、塩麹の酵素って意外と強力で、漬けすぎると水が出てしまって、しっとり感が失われてしまうこともあるんですよ。取り出してみると、短時間でもわりとやわらかくなっているのがわかります。ここでパラパラとショウガを合わせます。

f:id:naruse_e:20161121163400j:plain

長ネギの青いところも乗っけて、軽く料理酒をまわしかけます。どのくらいって? 適当適当!

f:id:naruse_e:20161121163416j:plain

そしてふたをして電子レンジにかけます。600Wで4分くらい。もし大きめの鶏肉だったら、中までしっかり火が通るまで20秒ずつ再加熱してみてください。そしてチン! とできあがっても……すぐにふたを取らないで! 蒸らしながら余熱で火を入れるので、そのまま3〜4分ほど放置。

f:id:naruse_e:20161121163433j:plain

こんなふうに全体的に火が通ってる感じになったらできあがり! ヤケドしないように箸などで押さえながら、食べやすい大きさにスライスしましょう。

鶏ムネ肉でもこんなにしっとり! ジューシーに!

f:id:naruse_e:20161121163454j:plain

ジャーーーーーン!

はい、キタコレ。完全においしいやつ。透きとおる肉汁を見よ! てなもんですよ。レンジで作る塩麹蒸し鶏の完成です!!

塩味は最小限にとどめているので、つけだれを変えるといろいろ楽しめます。ベーシックはやはりポン酢かなぁ。

f:id:naruse_e:20161121163511j:plain

うまーーーい! 鶏ムネ肉とは思えないほどのしっとり感です。鶏ムネ肉って、鶏もも肉よりも鶏の味が強く感じられるような気がするのは気のせいでしょうか。脂もくどくないので、パクパク食べられます。はい、ここでビール投入しましょう(ゴクゴク)。ぷはーっ! 今日も1日ご苦労さま! おつかれ、私!

f:id:naruse_e:20161121163522j:plain

これはスイートチリソースにお酢を1:1で混ぜたやつ。エスニック度合いが急上昇して、これもおいしいです。

あと、個人的にオススメなのは、生のパクチーを刻んで醤油と混ぜたパクチー醤油や、中国の香醋(こうず)をつけだれにする食べ方。カンタンだけど、つけだれを変えるだけでいろいろ楽しめるので、頻繁に献立に取り入れても飽きません。

それに酒の肴としても、低糖質高タンパクで、これまた晩酌にはもってこい。とりあえず今晩あたり、軽い気持ちで作ってみたらいいと思います!

書いた人:大矢幸世

大矢幸世

転勤族の父親と夫を持ったがために、愛媛、群馬、東京、京都、福岡、鹿児島、福井を渡り歩いた流浪系ライター。現在地は東京。地元はしいて言えば福岡。立命館大学卒業後、百貨店勤務、フリーペーパーの編集を経てフリーランスに。月刊誌や広報誌、WEBなど各媒体で執筆中。著書に『鹿児島カフェ散歩』(書肆侃侃房)。 Twitter:@saci_happiness

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

管理栄養士 北嶋佳奈のSNSで自慢できる週末ブランチ! 余ったお餅で「レンジミートソースのお餅ラザニア」
ひとり1,000円の予算で、すき焼きはどこまで満足できるか
ハードボイルド・「タイ料理」の世界~食べ歩きマニア道 其の4【タベアルキスト】

グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。