ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【独占記事】ピーター・ディンクレイジ、映画『Avengers: Infinity War(原題)』に出演交渉中

peter-dinklage
ティリオン・ラニスターとトニー・スタークが対峙するのか?

情報筋が本紙ヴァラエティに伝えたところによると、ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』シリーズに出演するピーター・ディンクレイジが、マーベルの映画『Avengers: Infinity War(原題)』に重要な役柄で出演するための初期段階の交渉が行われている。

マーベルはコメントを控えた。

『ゲーム・オブ・スローンズ』は最近、第7シーズンの撮影を終えたばかりだ。次シーズンの撮影スケジュールが夏から秋に押したため、初夏に撮影を予定している映画『アベンジャーズ』シリーズの最新作に、ディンクレイジが出演できる可能性が生まれたという。

この計画では、今後の『アベンジャーズ』シリーズ2作(『Avengers: Infinity War(原題)』とタイトル未定の続編)を同時に撮影する予定で、情報筋によると、ディンクレイジは両方に出演する見込みだ。

最強の敵サノス(ジョシュ・ブローリンが声を演じる)と対決するために、スーパーヒーローたちが再び集結する。それ以外のストーリーは不明だ。

ディンクレイジは、本作で加わる数少ない新メンバーの1人となる。もちろん、ロバート・ダウニー・Jr.やクリス・エヴァンスといったお馴染みのスターたちも出演する。

アンソニー・ルッソとジョー・ルッソは、映画『キャプテン・アメリカ』シリーズのラスト2作品を監督した後、『アベンジャーズ』シリーズのラスト2作品を監督したジョス・ウェドンから同シリーズの監督を引き継いだ。『Avengers: Infinity War(原題)』は、2018年5月4日に米劇場公開予定。

ディンクレイジは『ゲーム・オブ・スローンズ』シリーズの他にも、米ユニバーサル・ピクチャーズによるメリッサ・マッカーシー主演のコメディ映画『The Boss(原題)』に出演した。米20世紀FOXの映画『X-MEN:フューチャー&パスト』でボリバー・トラスク役を演じるなど、コミック原作の映画に出演した経験はあるが、マーベルの作品に出演するのは初めてだ。

ディンクレイジはCAAと代理人契約を結んでいる。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy