ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

CES2017の注目株!食品廃棄物を肥料に変えるガジェット「Zera™Food Recycler」がアツイ

zerafood_1世界最大規模のデジタルテクノロジー機器展示イベント “CES 2017”。今年もラスベガスで開催。多くの興味深いプロダクトが、関係者の前にお披露目された。

中でも注目を集めているのは、これ。キッチン向けリサイクルガジェット「Zera™Food Recycler」。調理で出た生ごみを、わずか24時間で安全な肥料に変えるスグレモノだ。

・家庭内の食品廃棄物を3分の2以上削減

zerafood_new_2「Zera™Food Recycler」最大の功労は、食料の完全リサイクルを可能にしたこと。本品を利用することで、家庭内の食品廃棄物を3分の2以上削減できるという。

使い方は、簡単。まず、専用のパックをふたの内側にセット。それから、生ごみをボックスぎりぎりまで詰めていく。野菜の切りくずや果物の皮、食べ残しなど、元が食材であれば入れるもの何でもいい。あとはふたを閉め、スタートボタンを押すだけ。翌朝には、自家菜園用の肥料ができ上がる仕組みだ。変換の秘密は、独自に作られた添加剤。シュロを主原料とする植物ベースの溶剤で、これが食品廃棄物を、安全に分解してくれるのだそう。

・専用アプリで手軽にコントロール

zerafood_new_3専用アプリから、遠隔操作することも可能。作業の管理、ふたのロックはもちろん、サイクル完了やフィルタ交換の通知もしてくれる。

サイズは、ちょうど家庭用のゴミ箱くらい。主張しすぎない控え目なデザインだから、キッチンに置いておいても邪魔にならない。

現在はCESの出展と併せて、Indiegogoでも支援を募集中。プレオーダー価格は、899ドル(約10万4000円)から。受け付けは、2月6日まで。

Zera™Food Recycler/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。