ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新しいワーゲンバス、「I.D.BUZZ」ってなんだ?

新しいワーゲンバス、「I.D.BUZZ」ってなんだ?

唯一無二の存在感。熱心なファンを持つクルマは数多くあるが、そのなかでも最高の人気を誇る、フォルクスワーゲンタイプ2。通称「ワーゲンバス」とも呼ばれるこの名車をベースにしたコンセプトモデルが、今年のデトロイトモーターショーを沸かせた。

電気自動車であり、自動運転。あのアナログなタイプ2が…?

「移動するサードプレイス」を継承か

新しいワーゲンバス、「I.D.BUZZ」ってなんだ?

フォルクスワーゲンタイプ2は、貨物車・デリバリーバン・マイクロバス・トラックなどの多用途車として開発されたマルチパーパスな車だ。これをベースとして、キャンピングカーが制作されたり、60年代にはヒッピーの象徴ともなった。現代では、このタイプ2でバンライフを楽しむ人も多く、ユーザーが作り上げてきた「タイプ2像」は、コミュニティベースだと言える。いわば、移動するサードプレイスだ。

今回、デトロイトモーターショーでベールを脱いだ、タイプ2の復活モデル「I.D.BUZZコンセプト」は、コミュニティベースとしての性格を受け継いだ。

I.D.はアイデンティティ、アイデア、個性、インテリジェント、アイコニックなデザインの意味を持ち、BUZZはもちろんバスとかけた言葉。さらに、電動のドライブを手に入れたことで「サイレントバズ」となったのだ、と従来のうるさいイメージを逆手に取った印象。新しいワーゲンバス、「I.D.BUZZ」ってなんだ?

楽しみ方は無限大に拡がる!

新しいワーゲンバス、「I.D.BUZZ」ってなんだ?新しいワーゲンバス、「I.D.BUZZ」ってなんだ?

ウッドフロアに、運転席・助手席までもが180度回転するシートアレンジ。その変幻自在のインテリアは、新世代のバンライフを想像させる。モーターでドライブされることによる静かな乗り心地、129.9インチのホイールベース(前後輪の距離)、これらが産み出すものは「圧倒的に快適な空間」だ。

いわゆる「車で移動している感覚」とは、異なるものになるのではないだろうか?その楽しみ方は、創造力次第で無限大に拡がる。新しいワーゲンバス、「I.D.BUZZ」ってなんだ?

ただし、従来のキャンピングカーとは違う。「I.D.BUZZ」は寝るためにあるのではない。ワーゲン社は言う。

In the future, Volkswagen will interconnect humans, cars and the environment with a Volkswagen user identity
(未来において、フォルクスワーゲンは、人と、車と、環境をユーザーの個性に接続する)

間に合うか、オートメイテッドドライブ

革新的なのは、そのコンセプトだけではない。完全なモータードライブ(電気自動車)の「I.D.BUZZ」は、自動運転を目指す。新しいワーゲンバス、「I.D.BUZZ」ってなんだ?

世界初の全自動・マルチパーパス車としてコンセプトされた「I.D.BUZZ」は、ハンドルをインストゥルメンタルパネルに押し込むことで、自動運転に切り替わる。ここから先は、AIの「I.D.パイロット」が運転を担うわけだ(自動運転は2025年の実用化を目指しているとのこと)。

ハンドルにはスポークが無く、またハンドルのタッチセンサーでP、R、D、Nのドライブモードを変更する。I.D.Boxとよばれるタブレットが、スマホや車内のオーディオなどを統括するだけでなく、モードによって後部座席までスライドさせることも可能。新しいワーゲンバス、「I.D.BUZZ」ってなんだ?

最後に、簡単にスペックを。バッテリーは111kWhの量を積み、30分で80%まで充電可能。トータルで369馬力を発揮し、満充電での総走行距離は600km(アメリカの道路を想定した場合435km)。

電気自動車の場合は特に、パワフルであることはスポーティさだけでなく、余裕や快適性につながる。未来感漂う、このコンセプトカー。その姿を見るのは、いつの日になるだろうか。リリースによれば、2020年には電気自動車の全く新たな潮流を生み出すだろう、とのことだが…。Licensed material used with permission by Volkswagen US

関連記事リンク(外部サイト)

75年式ワーゲンバスでアメリカ大陸を縦断。現代の技術が、おしゃれ旅を現実のものに
R2-D2が好きすぎる男性 ワーゲンバスをDIYで大改造!
大人よりも、子どもが喜ぶ「ワーゲンバス」の正体とは?

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy