ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「つくってあそぼ」ワクワクさん、“裏設定”を大暴露!?

「つくってあそぼ」ワクワクさん、“裏設定”を大暴露!?
J-WAVEで放送中の番組「AVALON」(水曜ナビゲーター:満島真之介)。1月11日(水)のオンエアでは「大人に聞きたいこと」というテーマでお送りしました!

番組には「つくってあそぼ」(NHK)の“ワクワクさん”こと、久保田雅人さんをゲストに迎え、リスナーの素朴な疑問に答えていただきました。

満島も「子どもに戻った」と興奮気味で対面した久保田さん。1990年4月から2013年3月まで「つくってあそぼ」の、ワクワクさんとして活躍したことで知られています。ワクワクさんには20代後半という年齢設定があったそうです。番組を続けることでご自身も大人になっていき、私生活でも結婚をして大人になっていったといいます。

当時、テレビ局から無理な要求があったことも明かし「相方(ゴロリ)はフケないからいいけど…私も途中から『フケないで』って言われましたね(笑)。アニメじゃないから無理だって(笑)」と裏話を明かしていました。

「子どもから質問されることも多かったと思いますが、一番、ドキッとした質問は?」という質問には「『恋人はいますか?』ですね。『カミさんはいるよ』って答えたけど。あとは、『ワクワクさん、大きいね』って言われた。テレビで見るサイズだと思われてたの。あと『テレビからどうやって出てきたの?』とも言われて、これは悩んじゃってね。『大人だけが知ってる出入り口があるよ』って答えました(笑)」と久保田さん。

番組では、「大人になって良かったこと、嫌だったことは何ですか?」など、「大人」をテーマにした質問にも数多く答えていただきました。

リスナーからの「これでいいんだろうか…と思った転換期には、どうしたらいいですか?」という質問に久保田さんは、ワクワクさんを始めて3年目、ちょうどご自身に子どもができるという頃、事務所を辞め、他の仕事も辞めて「ワクワクさん役に賭けてみよう」と思ったときを“大転換期”だと挙げました。「私もすごく勇気は必要だったけど、偉かったのは、これから子どもが生まれるっていうのにカミさんが二つ返事で『いいよ、好きにしていいよ』と言ってくれたこと。すごいね」と家族が背中を押してくれた自身の経験を語りました。

ちなみに、「工作のアイデアはどうしているの?」という質問には…

「はっきり言おう、私、23年間いかにも自分で考えてるようにやっていたんだけど(笑)、何も考えていません!」と大暴露(笑)。実際、「つくってあそぼ」のテロップで「造形アイデア ヒダオサム」とあったように、ワクワクさんは造形監修のヒダさんに全て教わってやっていたのだそうです。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「AVALON」
放送日時:月・火・水・木曜 22時−23時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/avalon/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。