ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アイドルの実態を調査!感謝アイドル『るふらん・るふらん』に恥じレスが突撃!

地下アイドルは千差万別、ひとくくりにするなかれ。それぞれが個性を持ち、頭一つ飛び出ようという女の戦いの場、戦場である。そんな戦場において、地下アイドルの実態を、毎回、地下アイドル『恥じらいレスキューJPN』が調査します。

 

今回は、“感謝”をテーマにアイドル活動をしている『るふらん・るふらん』。コンセプトは、「繰り返し言ってもいいですか? 私たちからのあの言葉「ありがとう」毎日感謝の繰り返し 普段着系アイドル」。

 

 

人が生きていく中で色んな人と関りを持ちますが、そんな中で互いの関係を大切に思うならば、絶対に持ち合わせていたい気持ちが“感謝”。例えば、家族。“毎日ご飯を作ってくれる”、“生活費を稼ぐために働いてくれる”皆さんは、それを当たり前だと思って生活していませんか?でも、そこにあるのは「ありがとう」という“感謝”の思いですよね。

 

“感謝”を表すと表さないでは、人間関係が変わっていくと思うのです。そんな当たり前となっている“感謝”を見直すことが大事だってことが伝わればいいなという思いを込めて活動しているという『るふらん・るふらん』。メンバーは、21歳の“ほのか”と、18歳の“ゆうか”の2人組。姉妹の様な2人という印象でした。

 

ゆうか

 

さらに、コンセプトの中で、もう一つ気になる“普段着アイドル”とは何かを聞いてみると、「常に表現するにあたり自然体でいることを心がけています」と、素顔を見せるアイドルの様です。“素”で接してくれる安らぎ系アイドル『るふらん・るふらん』。皆のオアシスの様な存在になれたらと話す“ほのか”と、“ゆうか”の笑顔にインタビューをする私も、ふと癒されてしまいました。

 

ほのか

 

最後に、グループとして『るふらん・るふらん』は5年後にどうなっていたいのかと質問してみたところ、「さいたまスーパーアリーナでLIVEをしたい! 家を建てて家族と暮らしたい!」と、今、地下アイドルとして走り出した自分たちを支えてくれているファンと両親への恩返しをしたいと言う答えが返ってきました。

 

さらに、読者の皆さんへ一言お願いしますと言うと、「駆け出したばかりの私たちですが、日々感謝を忘れず精進していきます。もっとたくさんの人たちのお目にかかれるよう大きくなっていきますので、よろしくお願いします!!」という答えの中に、“感謝”を伝えるからには、常に“感謝”の気持ちをもって活動しているのだと強く感じました。

 

私たち『恥らいレスキューJPN』 もファンの皆様は勿論、スタッフや家族に支えられて活動できている…改めて感謝する気持ちを確認することが出来ました。最近ちょっと周りの人に“感謝”の気持ちが伝えられずにいると思う皆さん、是非『るふらん・るふらん』のライブに参加し、“感謝”を伝える大切さを感じてみてはいかがですか?

 

 

『るふらん・るふらん』は、2016年11月26日に初LIVEをお披露目したばかり! これからの活動が注目されています。今後、主に週末のLIVE活動と、月に2回ほどYouTubeで番組配信予定。

 

『恥じらいレスキューJPN』は、新メンバー「里々佳」「佐伯香織」を迎えパワーアップ。来春には、ジャパニーズ・パンクレジェンド、NAOKI(SA)さんが、プロデュース/楽曲提供する2nd シングルが発売決定。新生『恥レス』は今後の活躍がさらに期待されている。

 

 

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy