ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ASUS Chromebook Flip 2 C302CAのPentium 4405YとCore M3-6Y30モデルのベンチマークテストを行った結果

CES 2017 イベントで発表され、米国で発売が開始された Chromebook Flip 2 C302CA の、プロセッサ別ベンチマークテストを行った動画が公開され、その差が判明しました。C302 シリーズにはプロセッサ別に、Core M3-6Y30 モデル、Core M7-6Y75 モデル、Pentium 4405Y モデルの 3 モデルが用意されています。Core M7-6Y75 モデルはまだ発売されていませんが、Core M3-6Y30 モデルと Pentium 4405Y モデルは同じ $499 で販売が開始されているので、その違いが気になっている方も多いことでしょう。ちなみに Core M3-6Y30 モデルは 4GB RAM でオンボードメモリは 64GB、Pentium モデルは 4GB RAM でオンボードメモリは 32GB です。ベンチマークは CES 2017 が行われている現地において、Chrome Unboxed が 2 つのモデルを用意してゲストモードに切り替え行っわれました。その結果、Core M3-6Y30 モデルのスコア 21,272 に対し、Pentium モデル 15,127 と約 6,000 もの差が生じています。ベンチマークテストは何度か行われたようですが、常に 7,000 前後のスコア差が生じた模様です。この結果を受けて Chrome Unboxed は Pentium モデルの購入を今一度考えるようにと注意を促しています。ただし Pentium モデルのレスポンスが悪いというわけではな、$399 以下であれば価格として妥当であるとの見解も述べられています。Source : Chrome Unboxed

■関連記事
Android 7.1.1にアップデートしたNexus 6で通話機能の不具合が報告される
ユニバーサルミュージック、英国の人気キャラクターの情報ポータルアプリ「Mr. Men Little Miss with CP」をリリース
パリティビット、サッカークラブ育成シミュレーションゲームアプリ「カルチョビットA」を1月12日に発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy