ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

洋風居酒屋「Deseo de Estrella MAEDA」の”サングリア”が、ノスタルジーの世界へいざなう?【静岡】

f:id:mesitsu_lc:20161207123612j:plain

静岡人と”サングリア”

「“サングリア”といえば、紺碧(こんぺき)の海を望む洋館を思い出す」

そんな人は、きっと静岡市出身ではないかしらん。

ナゾナゾのような始まりになって恐縮ですが、それはさておき、みなさんは静岡市出身者は子どもの頃から“サングリア”に親しみがあるって知っていますか? あれ、またナゾナゾになってしまいましたね(笑)。

こんにちは。昔からナゾナゾがすこぶる苦手なメシ通レポーターの間覚です。

f:id:mesitsu_lc:20161207124230j:plain

謎解きをすると、実はくだんの“サングリア”とは、久能山東照宮にほど近い海の目の前に建つ老舗のスペイン料理レストランの店名のこと。もう40年以上の歴史があるレストランは、昔と変わらない趣のある洋館の佇まいで、とても存在感があるんですね。

とくに、まだ洋風の建物が珍しかったおよそ40年前、僕を含めて当時の静岡の子ども達にとって、その海を望む洋館の存在は、インパクトがあったんです。おしゃれなフレーズがツボだったのか“サングリア~”って連呼しながらチャリンコを乗りまわす、謎の”子ども暴走族”まで出現するくらい、少なくとも僕の小学校では、”サングリア”のことはほとんどの子どもが知っていたと思うんです(まあ極論かもしれないですけどね)。

f:id:mesitsu_lc:20161207124455j:plain

時が流れて、お酒が飲める年になって首都圏で働き出したころ、赤ワインに果物を漬け込んだ甘口のワインを「サングリア」ということを知って、僕はプチホームシックになったのを覚えています。「サングリア」という言葉の響きによって、あの洋館の映像とともに幼少期の淡い思い出が蘇るのです。

それ以来、お店に「サングリア」があると、ついついたのんでしまうようになり、「サングリア」がうまいというお店の噂を聞きつけたら、行ってみずにはいられない大人になりました。ワインは、それほど興味なかったんですけどね。「サングリア」はそんな風に、ずっと別枠のお酒でした。

f:id:mesitsu_lc:20161207124548j:plain

だから先日、飲食店を営むIから「美味しい洋食とサングリアを出す洋風居酒屋さんがありますよ」と、女性2人で切り盛りする「Deseo de Estrella MAEDA」を紹介してもらったときも、さっそく次の日には行ってみようと決心したのは、言うまでもないのです。

連日大繁盛の 店内は、女性オーナーのお店らしい可愛らしい雰囲気

f:id:mesitsu_lc:20161207125032j:plain

JR静岡駅から歩いておよそ8分。飲食店が建ちならぶ常磐町の味わい深いテナントの1階に「Deseo de Estrella MAEDA」はありました。外観は、格子状の細工を施した外壁が印象的な、まるで雑貨屋さんのような佇まい。

f:id:mesitsu_lc:20161207125535j:plain

おそるおそる店内に入ると、接客担当の上村真由美さんが、女性らしい柔らかい笑顔で出迎えてくれました。

f:id:mesitsu_lc:20161207125229j:plain

かわいらしい照明や絵本のキャラクターのネズミのポスターなど、さすがは女性の切り盛りするお店といった空間が広がります。

4人掛けのテーブル席が3つ。カウンター6席。奥には6人まで座れる座敷の個室も設けられています。週末ともなると、予約なしではなかなか入れないほど、大繁盛のお店。訪れたのは平日、オープン直後の午後6時。それにもかかわらず、続々とお客さんが入店してきます。

f:id:mesitsu_lc:20161207130047j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy