ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「台湾の駅弁あります」ノスタルジックな台南の駅弁で旅行気分【京都】

f:id:mesitsu_la:20161213140236j:plain

よく通る道で数年前にオープンしていて気になっていたけど、まだ入ったことがなかったお店ってありますよね。こんにちは。メシ通レポーターの松永です。

今回、そんなお店に入ってみようと思い、行ってみたのは、京都は河原町丸太町の交差点すぐにある「微風台南」さん。

f:id:mesitsu_la:20161213140223j:plain

エスニックな提灯がかかる外観。

f:id:mesitsu_la:20161213140224j:plain

交差点の北東側にあり、ふたつ隣には京都で有名なタイ料理屋も。河原町丸太町はなんだか国際色豊かです。

f:id:mesitsu_la:20161213140225j:plain

気になっていたのはこのメニュー。台湾の伝統的な弁当ってなんだろう。楽しみ。

f:id:mesitsu_la:20161213140226j:plain

ドアには台湾語?「開けたら閉めてください」かな……開けてみます。

f:id:mesitsu_la:20161213140227j:plain f:id:mesitsu_la:20161213140228j:plain

お、外観もどこか懐かしい感じがしましたが、中もいろいろ古いものが置いてあるようです。

f:id:mesitsu_la:20161213140229j:plain

これはなんだろう……と見ていると、店主の平岡尚樹さんが出てきてくれました。

「ゆで卵ですよ。茶葉と八角で煮込んだ茶葉蛋(チャーイエダン)と言います。これ、台湾ではコンビニで売っているんですよ」

──そうなんですか! すごい色ですね……。 えっと、こちらは台湾料理のお店なんですよね?

「はい、特に台南の屋台や家庭の料理を出しています」

──最近雑誌やメディアでも話題の台湾料理ですが、実はよく知らなくて……。中華料理とは違うんですかね。

「一応、中華料理の一種なんですが、中華と和食の間みたいな感じです。よく知られているメニューだと、魯肉飯(ルーローファン/豚バラ煮込み飯)があります。他にも、チャーハンや焼肉飯、台湾式カレーなんていうのもあります。洗練された味というよりも、もっと家庭料理のようなものがメインで、あっさりした味わいと甘みを多用したものが多いです」

f:id:mesitsu_la:20161213140230j:plain f:id:mesitsu_la:20161213140231j:plain

メニューを見せていただきました。イラストつきでわかりやすい!

「それと日本料理の影響も受けています。50年続いた日本統治時代があったからなんです。例えば、甜不辣というメニューは『テンプラ』と読みます。日本語の当て字ですね。日本のものより硬くしっかり揚げた台湾風さつま揚げです。おでんもあったりします」

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。