体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

家族や友達、カップルでおでかけするならここ!春の東京おすすめスポット20選

家族や友達、カップルでおでかけするならここ!春の東京おすすめスポット20選 東京

井の頭恩賜公園や六義園、増上寺境内の桜など、東京には春のおすすめスポットが盛りだくさん!

キッザニア東京や東京都多摩動物公園など、子供が楽しめる場所も満載!家族みんなで満喫できる♪

今年の春は、東京で素敵な思い出をつくろう!

桜を眺めながら、公園をのんびりお散歩するのもおすすめ♪

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

上野動物園

上野動物園

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_13106cc3310040182/photo/

上野恩賜公園内にある東京都立の上野動物園は、1882年(明治15年)日本で初めての動物園としてが誕生し、 1972年に来園したジャイアントパンダの「カンカン」と「ランラン」は、日本中でパンダブームが起こるほどに。

敷地は東園と西園とに分かれており、14haの園内にはアジアゾウやホッキョクグマといった大型の動物から、ニシローランドゴリラやスマトラトラといった希少動物、 サルやウサギ、ペンギンといった子供も楽しめるような幅広い種類の展示に加えて、動物の生息環境を再現した展示や間近に見られる展示など様々な工夫をしています。 現在は、500種あまりの動物を飼育し、日本一の入園者数を誇る動物園です。

\口コミ ピックアップ/

恋人とお花見後立ち寄りました。入園料も手頃でまったりデートには最適です。パンダなどの王道から、コウモリや変な鳥まで幅広く展示されており、楽しめました!

(行った時期:2015年4月)

お花見の時期には園内の桜も咲いているし、のんびり出来るのでおすすめです!

上野動物園といえば、やはりパンダ!

動いているときやご飯食べているときに見れればタイミングいいと思います!

(行った時期:2015年4月) 上野動物園

住所/東京都台東区上野公園9-83

「上野動物園」の詳細はこちら

国営昭和記念公園

国営昭和記念公園

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_13202ah3330042640/photo/

レインボープール・水鳥の池・パターゴルフコース等を有する。

\口コミ ピックアップ/

桜の季節に、お花見をしに国営昭和記念公園へ訪れました。人も多いですが、公園内はとっても広々としているので、ゆっくりとお花見が楽しめます。また桜だけでなく、チューリップなど様々な種類の花も咲いてました。奇麗で絵になるので、カメラで撮影している人も多かったです。

(行った時期:2016年4月)

季節の花々を見たり、広大な広場でピクニックなどをすることが出来ます。中でもオススメはレンタサイクル!サイクリングのコースがしっかり設備としてあり、時間制で楽しむことができます。

(行った時期:2016年4月16日) 国営昭和記念公園

住所/東京都立川市緑町3173

「国営昭和記念公園」の詳細はこちら

明治神宮

明治神宮

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_13113ag2130014473/photo/

大正9年11月に創建され,明治天皇・昭憲皇太后がまつられている。現建物は昭和33年復興したもの。内苑と外苑に分かれており、内苑には日本各地や朝鮮半島・台湾からの献木が計画的に植えらている。1970年には17万本まで増え、都心部の貴重な緑地として親しまれている。外苑には、野球場、テニスコート、ゴルフ場、フットサルコートなど各種スポーツ施設が完備されている。また世界的にも有名なイチョウ並木が外苑にある。

\口コミ ピックアップ/

若者で賑わう原宿駅の裏にあるにもかかわらず、明治神宮は厳かな雰囲気で、いつ訪れても心が洗われる感じがします。

(行った時期:2016年4月)

都会の中にあるパワースポット明治神宮です。ここに来ると心が癒されるような気がします。新緑も美しいです。

(行った時期:2016年4月) 明治神宮

住所/東京都渋谷区代々木神園町1-1

「明治神宮」の詳細はこちら

三鷹の森ジブリ美術館(三鷹市立アニメーション美術館)

三鷹の森ジブリ美術館(三鷹市立アニメーション美術館)

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_13204cc3302011245/photo/

三鷹市立アニメーション美術館(三鷹の森ジブリ美術館)は、日本初のアニメーション美術館として、徳間書店スタジオジブリ事業部(当時)と三鷹市の美術館構想の一致によって平成13(2001)年にオープンした。企画原案は世界的なアニメーション監督である宮崎駿氏。

建物自体が1本の映画のようでありたいと考えられており、館内は重層的で迷路のような建物になっている。外観は曲線で構成され、外壁は赤や黄などカラフルな土塀の個性的な建物ながら、時間の経過とともに井の頭公園の松林となじんできた。「迷子になろうよ、いっしょに。」のキャッチコピーのとおり、来館者は館内を好きな順番で迷子になりながら見学できるようになっている。

1 2 3 4 5次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。