ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スチームクリームに近代日本洋画の巨匠が描く限定デザイン缶

2007年4月の発売開始以来、数々のアーティストとコラボレーションしたデザイン缶を発売し、人気を集めている全身用保湿クリーム「STEAMCREAM(スチームクリーム)」。

今年、ブランド創立10年を迎えるのを記念して、近代日本洋画の巨匠、小磯良平の描いた170点の植物画から厳選した限定デザイン缶「スチームクリーム 小磯良平 薬用植物画コレクション」75g/各1620円(税込)を、1月4日(水)より発売。

今回のコラボレーションデザインのテーマは“Discover Japan”。人物画を得意とする小磯画伯が、植物画を描く際にこだわった生きた植物の姿を、直径7cmのスチームクリームの缶に再現した。

デザイン缶は、「MOMO モモ」(1957~69年制作)、「RENGYO レンギョウ」(1962年制作)、「FUJIMODOKI フジモドキ」(1962年制作)、「OLIVE オリーブ」(1959年制作)、「UME ウメ」(1964年制作)、「TERIHANOIBARA テリハノイバラ」(1965~66年制作)の6種類。みずみずしく生命力あふれる植物画の世界が時空を超えて広がる。

天然由来成分とエッセンシャルオイル配合、スチーム(蒸気)のチカラでふわっとつくり上げたクリームが、全身を潤で包み込むスチームクリーム。この冬はグッと大人っぽいデザイン缶で楽しんで。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy