ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サンドイッチ専門店「メルヘン」。そのこだわりを探る

f:id:uralatokyo:20161130001859j:plain

これから乗る列車で何を食べようかと考えるのは、旅の楽しみのひとつですよね。

ターミナル駅にはたくさんの種類の駅弁があって目移りしてしまうなか、旅のおともに欠かせないと根強いファンが多い「サンドイッチハウス メルヘン」。

もちろん、ゆきちゃめゴンもそのひとりです。

今回はメルヘン東京駅エキュート店にお邪魔して、その人気の秘密を探ってきました。

「サンドイッチハウス メルヘン」のこだわり

1983年創業のメルヘンは、昭和な雰囲気のかわいいクマのマークでおなじみ。

都内をはじめ関東圏を中心に26店舗展開していると聞いて、どこかの工場で作って持ってきているのだろうなと思っていました。

しかし……なんと! サンドイットはすべて各店舗の店内厨房で手作りしてるのだそうです。

f:id:uralatokyo:20161124182331j:plain f:id:uralatokyo:20161124182418j:plain

▲ひとつひとつ丁寧に手作り中。マヨネーズもサンドイッチ用に独自のレシピで開発したものを使用しています

f:id:uralatokyo:20161124182520j:plain

▲生クリームもその場でホイップしているから新鮮。だからメルヘンの生クリームは重たくないんですね

野菜もオゾン水で洗って使用するため、いわゆる一般的なカット野菜のような殺菌はしておらず、手作りの良さがいきています。

パンだけは別の工場で焼いて各店舗に搬入しているのですが、なるべくシンプルに、サンドイッチの具の味を引き立たせるように開発したというこだわりのパンなのだそうです。

そして、できたサンドイッチは約30秒後には、店頭へ。

f:id:uralatokyo:20161124182554j:plain

メルヘンのサンドイッチ、開発秘話

ショーケースには、他では見たことがない変わったサンドイッチがけっこうあります。

f:id:uralatokyo:20161124184421j:plain

例えば、マンゴー生クリームとか、ラムレーズン生クリームとか……

f:id:uralatokyo:20161124184925j:plain

チーズかぼちゃの包み揚げ、なんていうのもある。

こういったメニューは誰がどうやって開発しているのかうかがってみたところ、月に1回店長が本社に集結し、その場で新メニューを提案・作成。食べながら話し合って決めているとのこと。この会議がまた大変風通しのよい会議で、みなさん言いたい放題でたいへん盛り上がるのだそうです。

その会議、メルヘンファンとしては、柱の陰からこっそりのぞいてみたい気もします。

f:id:uralatokyo:20161124182836j:plain

常時40〜50種といわれるショーケースのラインナップは季節や店舗によって異なり、例えば春にはブルーベリークリームにいちごをはさんだベリーベリー生クリームサンドがあったり、秋ならモンブラン、栗、りんご、柿など、美味しくて新鮮な旬の素材を使ったサンドイッチが並びます。

また、例えば三越日本橋店では今半とコラボしたすき焼きサンドを予定していたり、今回うかがった東京駅エキュート店では、年末や連休などの特別な時期の夕方以降だけビンチョウマグロのトロで作ったスペシャルバージョンのツナサンド(669円)が並ぶこともあるのですが、取材当日はお目にかかれず残念でした。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy