ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

超特急・タカシ、ドッキリで“キナバル山”を登頂しヒット祈願!?

超特急のメンバーであるタカシが、新成人を迎えマレーシアにある聖なる山“キナバル山の山頂”で願いをかけた。
「超特急タカシ新成人プロジェクト!!」キナバル山登頂 (okmusic UP's)
「超特急タカシ新成人プロジェクト!!」と名付けられたこの企画。20歳になったタカシには、メンバー・スタッフからドッキリが仕掛けられていた・・・。

2016年12月24日国立代々木競技場第一体育館でライブを終えたばかりのタカシにメンバーから新成人タカシが超特急の願いをかけるという企画を発表。超特急初のPhoto Bookの撮影地で、マレーシアの観光文化大臣より感謝状を授与されたりと、所縁のあるマレーシアにそびえ立つ東南アジアで一番高い山「キナバル山」山頂で新成人を祝うと知らされたタカシは、驚きつつも2日かけて登頂。街も山も雨という決して恵まれた環境ではない中、山頂に辿り着くといきなり雲もなくなり晴れ渡るという奇跡が起きた。まさに強運の持ち主タカシは日本から持参した超特急フラッグを掲げ「2017年超特急がさらにこのキナバル山のようにてっぺんを取れますよう」と願いを掛けた。

さらに、シャングリラタンジュンアルでバナナボートやジェットスキー、パラセイリングなどを行うなど、メンバー・スタッフからの愛の込もった新成人プレゼントを存分堪能して楽しんだ。聖なる山“キナバル山”山頂でタカシがかけた願いは、超特急のヒット祈願。今、まさにブレイクのレールを超特急で突き進んでいる7人。タカシがかけた願いで、2017年の超特急はきっと日本中を席捲するだろう。

【超特急 7号車タカシ コメント】
初めての登山で正直辛いことも沢山ありましたが、メンバーや待ってくれている人達が応援してくれて、背中を押してくれて登頂出来た様な気がします。世界遺産の頂上での成人式、最高でした!

「超特急タカシ新成人プロジェクト!!」キナバル山登頂 (okmusic UP's)
「超特急タカシ新成人プロジェクト!!」キナバル山登頂 (okmusic UP's)
「超特急タカシ新成人プロジェクト!!」キナバル山登頂 (okmusic UP's)
「超特急タカシ新成人プロジェクト!!」キナバル山登頂 (okmusic UP's)
「超特急タカシ新成人プロジェクト!!」キナバル山登頂 (okmusic UP's)
「超特急タカシ新成人プロジェクト!!」キナバル山登頂 (okmusic UP's)
「超特急タカシ新成人プロジェクト!!」キナバル山登頂 (okmusic UP's)
「超特急タカシ新成人プロジェクト!!」キナバル山登頂 (okmusic UP's)
「超特急タカシ新成人プロジェクト!!」キナバル山登頂 (okmusic UP's)
「超特急タカシ新成人プロジェクト!!」キナバル山登頂 (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy