体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“年下彼氏”と“年上彼氏”。自分にピッタリの相手を見極める3つのチェックポイント

“年下彼氏”と“年上彼氏”。自分にピッタリの相手を見極める3つのチェックポイント
かわいくて癒しをくれる年下彼氏と、頼りになり引っ張ってくれる年上彼氏。果たして自分と相性合う相手は年下彼氏と年上彼氏のどちらなのでしょうか。今回は、そのチェック方法や見極め方についてご紹介いたします。

“年下彼氏”と“年上彼氏”

年下男性と年上男性にはそれぞれ違った特徴があり、恋愛においても、おのおのの長所を持っています。きっと、付き合うなら年下が良いという女性もいれば、絶対に年上しか無理だと思っている女性もいるのではないでしょうか。

でも、自分の好みの相手と本当に相性が合う相手というのは、必ずしも同じであるとは限りません。実際、筆者も「今までは年上男性が好きだったけど、一度、年下男性と付き合って以来、年下しか考えられなくなった」なんて、価値観に変化が表れた女性をこれまでに数多く見てきました。

では、果たして自分と相性合う相手は、年下彼氏と年上彼氏のどちらなのでしょうか?そのチェック方法や見極め方についてご紹介いたします。

彼氏のイメージ

職場での自分の立ち位置は?

(1)後輩に囲まれ頼られる機会が多い女性は『年下彼氏』
(2)上司に褒められるとやる気が増す女性は『年上彼氏』

職場での立ち位置は、恋愛における関係性とも似ています。よく、「職場では上の立場だから、恋人の前くらいでは甘えたい」とおっしゃる女性もいますが、実際のところ、普段から職場で気を張る生活を続けていると、他人への甘え方がわからなくなり、恋人の前でも素直に甘えられないのでは?

それよりも後輩に囲まれ、頼られる機会の多い女性は、恋愛においても年下彼氏に頼られる関係性を築いた方が、職場でも恋愛でも自分の存在価値を大いに見出せるため、常に幸せな気分を味わうことができます。

反対に、上司に褒められると「もっと頑張ろう」と仕事に対するやる気が増す女性は、年上彼氏からかわいがってもらうことで、「彼のためにもっとすてきな女性になろう」と思えるので、長く円満な関係を築いていくことができるはず。

職場でのイメージ

兄弟構成や育ってきた環境は?

(1)長女、もしくは弟や妹がいる女性は『年下彼氏』
(2)末っ子、もしくはひとりっ子の女性は『年上彼氏』

兄弟構成や育ってきた環境は、大人になってからの恋愛に大きな影響を及ぼします。特に多いのが、長女気質が抜けず、甘えベタになってしまった女性。兄弟の中で一番上の存在として育つと、どうしても「お姉ちゃんはしっかりしているね」と言われる機会が多かったため、無意識のうちに大人に甘えることを我慢してきたのではないでしょうか。

しかし、言い換えれば、長女、もしくは弟や妹がいる環境で育ってきた女性は、他人から頼られることに喜びを感じ、面倒見が良い女性でもあるということ。そのため、年下彼氏との交際では、彼から頼られることや彼の成長を見守ることが自分にとっての小さな幸せとなります。

また、反対に末っ子やひとりっ子の女性は、幼いころから甘え上手で、年上である大人にかわいがってもらう術を自然と学んできました。そのため、年上の相手が自分に何を求めているかをきちんと理解することができます。きっと、年上彼氏との交際であれば、彼が年下彼女に何を求め、どのように頼られたいと思っているかを瞬時に理解できるはず。それが順調な交際を続ける秘訣となるのです。

男性に頼るイメージ

恋愛において一番重要なものは?

(1)何気ない癒しや些細な幸せを求める女性は『年下彼氏』
(2)お互いに成長し合える関係を求める女性は『年上彼氏』

自分が恋愛に何を求めるかによっても、相性の合う相手は変わってきます。たとえば、交際相手との関係に“癒し”を求めたり、日々の生活の中での“些細な幸せ”を願ったりする女性であれば、年下彼氏との相性が良いと言えるでしょう。

年下彼氏は年上である自分に比べ、人生経験がまだ少なく、幼く見える一面も多々あります。しかし、月日を重ねるごとにそんな年下彼氏も成長していきます。その様子を誰よりも近くで見守ることができるため、交際が続けば続くほど、小さな喜びや楽しさをたくさん感じることができるのです。また、ときに無邪気な一面を見せてくれる年下彼氏は、絶えず癒しだって与えてくれるはず。

些細な幸せのイメージ
逆に癒しよりもお互いに成長し合え、恋愛での経験を仕事にも活かしたいという女性であれば、年上彼氏を選ぶべき。経験豊富な年上彼氏との交際では、多くのことを学べ、それを恋愛以外の場所でも活かすことができます。なにより、経済力や知識のある年上彼氏は、今までに訪れたことのない場所や、初めて目にする景色を見せてくれることがあります。彼との交際を続けることで、女性としても、ひとりの人としても大きく成長することができるでしょう。

自分にピッタリな相手を見つけましょう。

男女関わらず、誰しも恋愛においては「付き合うならこんな人が良い」「絶対にこの条件だけは譲れない」という理想を持っています。でも、理想や好みの相手が、必ずしも自分と相性ぴったりの相手であるとは限りません。もしかすると、今まで眼中になかっただけで、実は理想と真逆である相手が自分にとっての運命の人となるかもしれないのです。

年下男性、もしくは年上男性にこだわりをもっている女性は、これを機に本当に自分と相性の合う相手を見極めてみてはいかがでしょうか。視野を広げることにより、今まで以上に出会いの機会が増えていくかもしれませんよ。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

痩せる鍋!?草鍋がダイエットに良い訳
「エコファー」って何?知っておくべきファー(毛皮)の作り方と問題点
今年こそ素敵な彼氏を見つけたい♡2017年恋人GET年間計画!
【ダイエット&アンチエイジング】美しくなるにはこう食べる!~夕食~
相手に期待しないこと?長続きするカップルの鉄則3つ

生活・趣味
美LAB.の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。