体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東海地方在住者1302人が選ぶ!人気温泉地ランキング2017を発表!

東海地方在住者1302人が選ぶ!人気温泉地ランキング2017を発表! 下呂温泉

今年もやってきました!じゃらんが発表する人気温泉地ランキング2017年版!

今回はさらにアンケートの回答から、東海エリア在住者にしぼって「もう一度行きたい温泉地」を聞いてみました!

ランクインした温泉地には選ばれる理由があるはず。

そこで、アンケートの回答から人気の理由を探り、人気を裏付けるエリアの魅力を現地の人に調査しました。

それぞれの温泉地の楽しみ方を改めて知ることで、今一度訪れたくなること間違いなしですよ!

20位 南知多温泉郷【愛知 南知多町】

知多の海の幸と海絶景でおもてなし。

南知多温泉郷

知多半島の最先端にある羽豆岬からの眺め

内海、山海、豊浜の3つの温泉地からなり、海岸沿いにあるため多くの宿の露天風呂がオーシャンビュー!湯量豊富で、自家源泉を持つ宿が多いのも特徴だ。夜は地元漁港で水揚げされた新鮮な海の幸がズラリ。イチゴ狩りが楽しめる農園やレジャー施設などもたくさんあり、温泉郷のなかで一日遊べるのも魅力だ。

泉質/ナトリウム・カルシウム塩化物強塩泉

クチコミ

地元で観光地も多く、安価な割に食事が豪華。2016年8月・60代男性 南知多温泉郷(みなみちたおんせんごう)

TEL/0569-62-3100(南知多町観光協会)

アクセス/電車:名鉄内海駅より海っ子バスで25分

車:南知多道路豊丘ICより10分

「南知多温泉郷」の詳細はこちら

18位 寸又峡温泉【静岡 川根本町】

秘湯感があふれる峡谷温泉へ。

寸又峡温泉

温泉街から夢の吊橋までは歩いて向かおう(約30分)

「死ぬまでに渡りたい世界の徒歩吊橋」に選ばれた、夢の吊橋で有名。四季折々の渓谷美がすばらしく、雪化粧をする冬はより秘境ムードが増す。温泉は南アルプスの麓・湯山地区から引き湯。硫化水素を豊富に含んでいるため、古い角質を落としてくれて肌がスベスベに!

泉質/単純硫黄泉

クチコミ

秘境のような温泉!お湯はとろっとしていて肌がスベスベになりました!2016年9月・30代男性 寸又峡温泉(すまたきょうおんせん)

TEL/0547-59-2746(川根本町まちづくり観光協会)

アクセス/電車:大井川鐵道千頭駅より路線バスで40分

車:新東名島田金谷ICより1時間35分

「寸又峡温泉」の詳細はこちら

18位 乗鞍高原温泉【長野 松本市】

雪景色を眺めて白濁の湯でほっこり。

乗鞍高原温泉

日帰り入浴施設「湯けむり館」の露天風呂

標高1200~1500mの乗鞍岳山麓に約70軒の宿が立ち並ぶ。冬は一面銀世界で、雪見風呂も楽しめる。乗鞍岳の中腹から引き湯する乳白色の温泉は特有の硫黄臭があり、体の芯からポカポカに。

周辺にはゲレンデもあり、ウィンタースポーツと温泉をセットで楽しむ人も多い。

泉質/単純温泉、酸性硫化水素泉、他

クチコミ

白濁したお湯の肌ざわりがなんとも心地よく、お湯につかりながらしばらくぼーっとしてしまいました。2016年2月・50代女性 乗鞍高原温泉(のりくらこうげんおんせん)

TEL/0263-93-2147(乗鞍高原観光案内所)

アクセス/電車:松本電鉄新島々駅より路線バスで1時間

車:中部縦貫道高山ICより1時間30分

「乗鞍高原温泉」の詳細はこちら

17位 土肥温泉【静岡 伊豆市】

夕焼けビューと海の幸がごちそう。

恋人岬 恋人の聖地「恋人岬」世界最大の花時計 1992年にギネス登録された世界最大の花時計土肥温泉

宿やビーチから絶景のサンセットが見られる

マリンスポーツが盛んな西伊豆にあり、6本の源泉が湧く西伊豆最大&最古の温泉地。オーシャンビューの露天風呂も多いので、空と海を茜色に染める夕日を湯船から眺めることができる。

伊勢エビやアワビなど、駿河湾のとれぴちの海の幸をふんだんに使用した豪華な料理も人気の理由だ。

泉質/カルシウム・ナトリウム硫酸塩、塩化物泉

クチコミ

静かな温泉街ですが、魚料理もおいしかったし、夕方の海の景色がとてもよかったです。 2015年5月・40代男性 土肥温泉(といおんせん)

TEL/0558-98-1212(伊豆市観光協会土肥支部)

アクセス/電車:伊豆箱根鉄道修善寺駅より路線バスで50分

1 2 3 4 5 6次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。