ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【今日のひとしな】超かんたん!温活・妊活に「グリル長ねぎ」がよさそう♪

「新春」とは言うけれど、寒さはこれからが本番!冷えやすい女性は、これからの「冷え」対策がとても大事。特に妊娠を望む女性は、体を中から温める食生活を日頃から心がけて。今日は、女性を冷えから守る頼もしい「ねぎ」を使った超かんたんレシピをご紹介♪おしゃれママとしても幅広い世代に大人気の、野口真紀さんに教えていただきました。Ed74ed89 463a 4d00 803a 73b32d2968e9

なぜ、女性は冷えやすいの?

体が冷える原因はまず「血行不良」。血液が体内をめぐることで体がポカポカ温まり、新陳代謝もアップします。血液を体にめぐらすポンプの役割を果たすのは「筋肉」。もともと筋肉が少ない女性は血行不良になりやすく、冷えやすいのです。また、女性は冬でもハイヒールを履いたり、襟ぐりのあいたニットを着ますよね。こうした肌の露出が多いファッションも、冷えの原因に。おしゃれには多少のがまんが必要かもしれませんが、家では体を温める服装を心がけて。そして、体を温める食材を頂きましょう。

野口真紀さんの「グリル長ねぎ」

52c15feb 95b0 4450 8d47 0f5000b4ed36

野口真紀さんのこだわり。

「長ねぎは、漢方にも使われる薬効の高い野菜。冷えやすい女性には毎日たっぷり食べてほしい!」という真紀さん。確かに冬が旬のねぎは、甘味があってとっても美味しい。体を温める効果があるなんて、一石二鳥です。でも、レパートリーが鍋料理くらいしか思いつかない……!なんて声も多々。そこで今回ご紹介頂いたのが、ちょっとしたおつまみにも重宝する、シンプルグリル。「長ねぎの栄養をまるごといただくには、できるだけそのままの形で食べるのがおすすめです。この時期のねぎはとても肉厚でジューシーなので、魚焼きグリルやトースターでじっくり焼くと、中がとろとろになってとっても美味しいんですよ。生ハムの塩気のみで頂くのが、私のお気に入りです」。

動画でチェック

グリル長ねぎ

グリル長ねぎ

関連記事リンク(外部サイト)

【今日のひとしな】和のスーパーフード!あずきでデドックス
【今日のひとしな】グルテンフリーの「ライスピザ」が美味しい!
【今日のひとしな】ルウなし簡単!「ベジカレー」がヘルシー♪

ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。