体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

語学留学を成功へ導く10のポイント

語学留学を成功へ導く10のポイント

数少ない経験でも海外で過ごす時間と同じような経験を学ぶことができます。 しかしながら、 海外での数週間、 数ヶ月は、あっという間に過ぎていきます。

そこで、 海外での語学留学の効果を最大化するためにの現地での過ごし方をご紹介します。

 

1.出発前の準備は万全に

出発前の準備は万全に

photo by shutterstock

出発の直前ギリギリまで、書類の整理や作業を残すのは失敗のもとです! 出発の前にアドバイザー、教授、または、海外語学留学の経験のある先輩に、準備段階でどんな書類が必要なのか、質問をしてみてみましょう。

重要とされるのは、健康保険を含め、予算計画、ホームステイ先、気候、空港の出迎えと考えられています。

 

2.目標を定める

外国語を習得したい、新たな分野に挑戦する、または良い成績を収め就職するなど語学留学の目的は様々だと思います。しかし、あくまで『語学留学』から『学』という言葉を忘れないでください。

海外滞在中に楽しいことが一切ない、という意味ではありません。留学中は楽しいことも沢山あるでしょう。しかし、最も重要な目的は、あなたの将来のためになる重要なスキルを取得することを忘れないでください。

 

3.現地の文化に浸る

現地の文化に浸る

photo by shutterstock

現地の言語を知ることの他に、海外語学留学を成功に導いている方は、出発前に留学先の文化について熱心に学んでいます。留学先に関連のありそうな書籍、映画、食事、音楽を見つけてみてください。

留学先の有名な作家、歌手、スポーツ選手、俳優を調べたり、関連のありそうなイベントを探してみましょう。事前知識があれば実際に留学生活が始まってからも会話の幅が広がり、留学先を第二のホームだと感じるのも時間の問題でしょう。

 

4.常に心を開く

海外へ出発する方はよく聞くフレーズだと思いますが、先入観は無くしていきましょう。せっかく留学に行くのですから、ステレオタイプは捨てて出発しましょう。その代わり、目を開いて、リラックスして、呼吸をして、文化に触れてください。

おそらく、海外での生活は、あなたが考えていたものと大きく違うことに気づくでしょう。「日本では違う」と言いたくなる場面もあると思いますが、衝動を抑えてください。その代わり、新しい習慣に身を任せましょう。

 

5.地元の人からヒントを得る

地元の人からヒントを得る

photo by shutterstock

新しい環境では、身の振る舞い方に困ることもしばしば。そんな時は、周りを見て現地の人をお手本にしましょう。 文化、習慣、その他現地の人に聞かないと分からない事などは、ホストファミリーに聞くのが一番良い方法です。そして滞在中にその教えに従ってみることが大事です。

 

6.新たしいことを学ぶ

留学中にサルサダンスや料理教室、有名な国立公園でのハイキングなどに誘われることがあるかもしれません。 誘いを受けたらできる限り参加をしましょう。想像を超えた多くのスキルを持って帰ることができるはず。

 

7.ホームシックに立ち向かう

ホームシックに立ち向かう

photo by shutterstock

感情を隠したり、無視することは、ホームシックを悪化させる原因となります。ホームシックにかかる前に、日本の家族や友人と連絡を取り合い、ホームシックを避けましょう。ビデオ電話をしたり、手紙を書いたり、チャットをしたり、ブログなどを通して、近況報告を共有するのもいいでしょう。

しかし、あなたの新しい環境や友人を忘れてはいけません。新たな発見はいろんなところにあります。また、常に忙しくして、ホームシックにかかるのを避けましょう。心地よい実家が恋しくなっても、それは一生続くものではありません。最終的には、滞在している国にホームシックをいただくことになるかもしれませんよ。

 

8.財布の紐をしっかり閉める

どんなに喉から手が出るほど欲しくても、最初は欲しいもの、外食、工芸品などを買う衝動を抑える努力をしましょう。数ヶ月間ホームステイ先に滞在し、最終日まで お金が必要であるということを忘れないでください。

現地のローカルな食事やお店を利用すれば、食費も抑えられ、地元を知る良い機会にもなります。サービスのお金を払うことは避けて、現地の価格をいくらか先生やホストファミリーに質問してみましょう。

究極のアドバイスは、あなたのビザに問題なければ現地でアルバイトをしてみましょう。お金の面だけでなく、語学のスキルも間違いなく上がるはずです。

 

9.交際範囲を広げよう

交際範囲を広げよう

photo by shutterstock

授業が終わったら、現地の友人と触れ合うことに努力をしましょう。少なくとも一人の現地の友人を持つことは、現地のことについて詳しくなれるだけでなく、特別なイベント、スポーツ観戦、パーティへの参加に招待されるなど、新たな扉を開く鍵となります。

 

10.勉強しよう

なぜ、いま自分は海外留学をしているのか?常に目的を意識して行動しましょう。膨大な課題があったり、ホームシックになったり、勉強への意欲が薄れる時もあるでしょう。それでも、 机に向かって勉強を続けましょう!

このような決まり文句のようですが、この海外留学での経験は、今しかできません。この貴重な体験を最大活用すれば、この先何年も財産として、あなたの人生を明るくするでしょう。

Licensed material used with permission by EF Education First Ltd. & all photo by shutterstock

 

英語を学ぶ旅へ出る

英語を学ぶ旅に出る_02

ただ、旅をするだけじゃ物足りない。現地に深く溶け込みたい。自分のやり方で語学力を身につけ、新しい文化を体験し、世界を発見したいと思ったことはありませんか。

学生時代に英語を学ぶ旅として留学を経験し、一生分の経験ができたので今回はその魅力と感じたことをまとめました。

「英語を学ぶ旅」をオススメする3つの理由

関連記事リンク(外部サイト)

アイルランド留学の授業料が、最大3ヶ月間“タダ”になる!2月からエントリー開始!
フィリピン留学が社会人にもめっちゃオススメな4つの理由
バイヤー伝 第10話「頼みの綱はスペイン大使館?インドの街中で野宿が決定か…」
【5/14・15】TABIPPOフィリピン留学フェアに、ヒデ&近藤あやの出演決定!

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。