ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ALS患者に向けたファッションブランドを作る?

ALS患者に向けたファッションブランドを作る?
J-WAVEで放送中の番組「WITH」。この番組は、ALS(筋萎縮性側索硬化症)と闘病しながら、“NO LIMIT, YOUR LIFE.”をスローガンに掲げて活動している武藤将胤がお送りしています。

1月6日(金)のオンエアでは、武藤が代表を務める「WITH ALS」メンバーの、エッフェルさんこと山本さんと、村田さん、青木さんをゲストにお迎えしました。

2016年は、スマート・メガネ「JINS MEME」を活用するなどして、ALS患者が活用できる技術の開発に協力する活動を行った「WITH ALS」。この番組がはじまったことで、武藤と同じ病気と闘っている方から「勇気をもらった」というメッセージが届き、それを活力に2017年も活動していきたいと語りました。

そして2017年は音楽やファッションなどジャンルにとらわれずに、「僕たちらしい切り口で表現していきたい」と武藤は語ります。

なかでもフッションブランドの立ち上げを考えているそうです。武藤自身はファッションが好きにも関わらず、病気のせいで着たい服がなかなか着られないなんてことも…。そこで病気と闘う人々が快適にカッコよく着られる“新しいライフウェア”を提供できるブランドを立ち上げたい、と今まさに動いているところだとか。

番組後半では、メンバーそれぞれが「WITH ALS」で実現させたい目標について語りました。山本さんは「社会を明るく照らすアイディアを形にしていく、という理念を続けていきたい」、村田さんは「健常者の方との垣根をなくすという意味で、いろいろ人と同じ時間を共有したい。目の動きと声だけでどれくらい操作できるのかを見てみたい」、青木さんは「活動しながら自身の在り方を取り直す瞬間があった。もっといろいろな人にも拡大していきたい」とそれぞれ語りました。

このように、ALS患者がより生活しやすい世界を目指す「WITH ALS」。今年は一体どんな成果を成し遂げるのか楽しみですね。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「WITH」
放送日時:毎週金曜 26時30分−27時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/dc4/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。