ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界一周して見つけた天職は「オーダーメイドシューズを作る職人」

世界一周して見つけた天職は「オーダーメイドシューズを作る職人」

ペルーの観光地マチュピチュの最寄りとなる大都市クスコの人気お土産が「オーダーメイドシューズ」なことをご存知でしょうか。アンデス特有なカラフルな100種類の織物と20色の皮を使って世界に一つだけの靴を作れるお店が中野にOPENしました。

お店の名前は「Delinka(デリンカ)」。3年半104ヶ国の世界一周を終えたオーナーの野地健人さんにお話を伺ってきました。

みんな気になる世界一周の概要を教えてください

2011年7月〜2015年2月まで3年半、104ヶ国を世界一周をしていました。旅行中は「ちょっと世界一周してくる」というタイトルで動画を撮影していましたので、こちらをご覧いただくとそれぞれの国の様子が分かりやすいんです。

ちょっと世界一周してくる

 

どの地域も平均的に滞在していて、北米5ヶ月、中南米8ヶ月、ヨーロッパ9ヶ月、アフリカ6ヶ月、中東・アジア・オセアニアで1年ぐらい。沈没することなく夏を追いかけて移動していました。

予算は500万円くらいで、ホステルに泊まり、食事は自炊する一般的なバックパッカースタイルです。

 

なぜ世界一周へ?

なぜ世界一周へ?

世界一周したいと思ったきっかけは、大学2年生(19歳)のときに経験したニュージーランドとオーストラリアへの語学留学です。休学して半年ずつ滞在しました。

その時に初めて外国人の友達ができたので、帰国してから友達の国を訪ねていくうちに、ガッとまとめて色々な国に行ってみようと感じて世界一周したくなりました。

 

大学2年生の時に休学しようと考えた理由は?

大学2年生の時に休学しようと考えた理由は?

大きかったのは父の勧めです。大学1年の夏休みに父の知り合いのニュージーランドのお宅に1ヶ月ホームステイを経験しました。行ってみたら、もう少し長く英語を勉強したり、海外を経験したいなという気持ちが芽生えたので、大学2年生は休学しようと決めました。

 

就職活動しなかった

語学留学から帰ってきて1年遅れで進級しましたが、周りの友達が就活しているのを見て、嫌になってしまいました。そして、またニュージーランドです。今度は休学せずに、6ヶ月間滞在しました。

 

帰国したら、大学卒業間近

ニュージーランドから帰国して、仕事しなくちゃいけないなーとは感じましたが、すでに新卒採用シーズンは終わり。中途採用しかなかったので、バイト経験をひっさげて仕事を探しました。

外資系企業だったら英語が話せる強みを生かせるのでは?と考えて、ドイツの材料メーカーに営業職として入社しました。うまく就職活動できなかったとしても、バイトすれば食べていくことはできるし、焦りはありませんでした。

 

世界一周するために働く3年半

27歳までの3年半、世界一周の貯金をするために仕事を続けていました。当時は30歳までに貯金を100万円くらい残して帰国するつもりでしたが、実際に行ってみたらその計画はどこかに行ってしまい。結局、貯金を使い果たしてきました。

 

世界一周から帰国後の仕事を心配する方がとても多いですが

世界一周から帰国後の仕事を心配する方がとても多いですが

人生なんとでもなりますし、世界一周に行って後悔した人は見たことがなかったです。とにかく可能性が広がることは間違いない。やりたいことが分からない人は、何か見つかるきっかけになるでしょうし。

日本にいても世界一周していてもリスクは同じなので、それなら楽しい方がいいんじゃないでしょうか。というわけで、仕事が心配な気持ちはよく分かりますが、ぜひ世界一周へ。

靴と出会った瞬間

靴と出会った瞬間

世界一周の途中でペルーのクスコに立ち寄った際にオーダーメイドシューズと出会いました。旅人の間でオーダーメイドの靴が大流行していて、Awayというお店で一足作りました。

世界一周に出発して半年過ぎくらいの出来事です。残りの3年間は直しながら、その靴を履き続けました。バックパックと共に、大切な旅の相棒ですね。

 

靴を仕事にすると決めた

靴を仕事にすると決めた

帰国2ヶ月前に、帰国したらどうしようかと悩んでました。3年半ぶりに日本に戻ることを想像すると、何が何だかわからなくて。当時は、旅が日常になっていたので日本での生活が非日常でした。

その時に、ものすごく愛着が湧いていたオーダーメイドシューズが視界に飛び込んできました。同様の商品は日本にはないということも分かったので、靴作りを仕事にできるかまずは調べてみることにして旅を終えました。

仕事にするなら誰かに任せるのではなく僕が作れるようにならねば!という決意のもと、東京中の靴職人さんのところを訪ねて回って1年くらい修行しました。

 

靴屋以外の選択肢はありましたか?

靴屋以外の選択肢はありましたか?

何もありませんでした。靴屋がダメだったら、それからリクナビに登録して就職活動を始めようと思っていました。いつも先のことは考えていないですね。

 

Delinkaを開業していかがでしょうか。

Delinkaを開業していかがでしょうか Delinkaを開業していかがでしょうか。

8月にDelinkaをオープンして4ヶ月経ちましたが、まだまだこれからですね。あまりビジネスにガツガツしちゃうと僕が目指してきた生き方とも逸れてしまいますし、じっくり進めています。

 

オーダーメイドシューズを作りに来る方はどんな方ですか?

オーダーメイドシューズを作りに来る方はどんな方ですか?

旅仲間や旅行好きの方はもちろんですが、靴のデザインや生地に共感して来店してくれる方が多いですね。先日、カップルがわざと別々の時間に来店されてデザインをパートナーに見せないまま、お互いのクリスマスプレゼントをオーダーメイドしてくれました。こんな使い方してくれるんだ!と驚きつつも、とても嬉しかったですね。

 

最後に読者にメッセージをお願いします

最後に読者にメッセージをお願いします 15801457_10154916718298658_1332683777_n

3年半の世界一周を経て、僕は自分の生き方を発見しました。それだけ旅には人生をガラっと変えてしまうようなきっかけがそこらじゅうに落ちています。行きたいと思ったら行かない理由はないです。旅なんて難しいことじゃありません。「ちょっとコンビニ行ってくるわ!」くらいのノリで行っちゃいましょう。

「それではみなさん、いってらっしゃい!」

Delinka(デリンカ)

 

編集後記

いかがだったでしょうか。野地さんがインタビューにさらりと仰った「仕事が見つからなくても、バイトすれば食べていくことはできる」という言葉は、数多くの起業家や成功者と共通する考え方でした。

衣食住が足りているからこそ将来の夢や目標に悩むわけですが、一方で悩んでいる余裕が与えられているのも事実。実現することを悩んでいる時間があるなら、思い切って一歩踏み出してしまうのも一つの方法ではないでしょうか。

関連記事リンク(外部サイト)

【世界一周インタビュー/vol.11】こころで生きる|中野貴行さん
夏はMC、冬は旅人、家では妻、わがままな人生を成立させるコツ / MCコジマサトコ
ウォーリーを探せ!で世界一周をしたら、こんな世界が待っていた
「コンプレックスは世界に出たら強みになる」夫を置いて女一人世界一周/MCコジマサトコさんインタビュー

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。