体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

総重量約1kg! 量も味もスペシャルな豚丼に、出会ったあ~「にんにく豚丼 西浦」【京都】

f:id:mesitsu_la:20161124172758j:plain

豚肉フリークのみなさま、あけましておめでとうございます。メシ通レポーターのナガオヨウコです。

今年はじめての取材先は、伏見区深草西浦、約1年前の2016年1月にオープンした「にんにく豚丼 京都西浦」のご紹介です!

f:id:mesitsu_la:20161124172748j:plain

看板メニューの「にんにく豚丼」がそのまんま店名。豚丼で勝負を掛ける、本気度満点のお店ですよ。

f:id:mesitsu_la:20161124172747j:plain

龍谷大学深草キャンパスの南側にあります。深草キャンパスから徒歩約5分。

少々マニアックに思えますが、大学生だけでなく、ビジネスマンやご近所さんも足を運ぶ気軽なお店です。

f:id:mesitsu_la:20161124172804j:plain

カウンター12席のみ。ラーメン店のように、さっと食べてさっとお店を出るというスタイルです。

メニューは、基本の丼が4種類。 にんにく豚丼 690円 特製甘辛豚丼 700円 生姜焼き豚丼 750円 男なら!スーパージャンク丼 1,000円

上から3種類は、マヨネーズの丼にすると+50円になります。ご飯は並盛り350g・大盛500gが同一料金。

※肉増しは+250円

※それぞれのミニ丼は100円引き

<トッピング>にんにく

にんにくスライス 70円/丸ごと揚げにんにく3コ 120円

<おろしにんにく>

にんにく増し 無料

にんにく増し増し 無料

まずは、店名でもある「にんにく豚丼」を拝見いたしましょー。

f:id:mesitsu_la:20161124172749j:plain

豚バラ肉をさっと湯通しして、脂を落とします。

f:id:mesitsu_la:20161124172750j:plain

用意してあるのが、こちらの特製タレ。レシピは内緒だそうですが、ふんわりとにんにく醤油の香りが伝わってきます。

f:id:mesitsu_la:20161124172751j:plain

タレをからめて焼いていきます。

f:id:mesitsu_la:20161124172752j:plain

この、照りっ照りのこってり感!

f:id:mesitsu_la:20161124172753j:plain

ご飯は大盛500g(無料)でお願いしちゃうよ!

丼のチェーン店では並盛りがおおよそ250g前後。ということで、こちらは通常の倍の量ということになります。

どどどん!!!

f:id:mesitsu_la:20161124172754j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。