ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SMAP、25周年記念ベストが2週連続オリコンアルバム首位 映像集も3冠

昨年いっぱいをもって惜しまれながら解散した国⺠的人気グループ・SMAPの25周年記念ベストアルバム「SMAP 25 YEARS」(ビクターエンタテインメント/昨年12月21日発売)が週間27.5万枚を売り上げ、今週発表の最新1月9日付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:2016年12月26日~2017年1月1日)で、登場1週目の先週1月2日付に続き2週連続の1位を獲得した。

SMAPが2週連続でアルバム1位を獲得するのは、1995年1/16付(※2週合算週)において「COOL」(1995年1月発売)が達成したのに続いて、22年ぶり2作目となる。また今作の累積売上枚数は発売2週目にして、100万枚突破目前の94.3万枚を記録。前出「COOL」の累積売上68.5万枚を上回り、SMAPのアルバム作品による累積売上枚数では歴代2位となる勢いを⾒せた(同・歴代1位は「Smap Vest」(2001年3月発売)の累積182.8万枚)。

SMAPのシングル、アルバム収録作品など400以上の候補曲から、およそ200万票が投じられたファン投票の結果により選出された作品を網羅した今作。投票1位を獲得した「STAY」、デビュー曲「Can’t Stop!! -LOVING-」(投票33位)、同グループ最大のヒットシングル「世界に一つだけの花(シングル・ヴァージョン)」(投票12位)など50曲が、3枚組でリリース順に収録されている。

また、SMAPのシングルクリップ集DVD&Blu-ray Disc(以下BD)「Clip! Smap! コンプリートシングルス」(ビクターエンタテインメント/12月28日発売)が、それぞれ発売初週にDVD:19.2万枚、BD:18.9万枚を売り上げ、今週発表の1月9日付オリコン週間DVDならびにBDランキング(集計期間:2016年12月26日~2017年1月1日)でいずれも初登場総合1位を獲得。音楽DVDとBDの売上枚数を合算した「総合ミュージック映像ランキング」でも期間内合算売上38.1万枚で1位を獲得し、映像ランキング主要3部門を制した。

SMAPの音楽映像作品によるDVD総合1位獲得は通算9作目で、「SMAP 2008 super.modern.artistic.performance tour」(2008年12月発売)から6作連続。またBD総合1位獲得は、「Mr.S“saikou de saikou no CONCERT TOUR”」(2014年12月発売)から2作連続、通算2作目。

今作はDVD・BDともに、前作「Mr.S“saikou de saikou no CONCERT TOUR”」の各累積売上(DVD:11.4万枚、BD:11.0万枚)を発売初週にして約2倍も上回るスタートとなった。

本作は、SMAPのシングル55作品の両A面曲を含む全63曲の映像を収録。デビュー以来25年間で発表されたプロモーションビデオを中心に、ライブ映像、秘蔵映像等が収められている。

なお、MV集によるDVD&BD同時総合1位獲得は、AKB48「AKBがいっぱい 〜ザ・ベスト・ミュージックビデオ〜」(2011年6月発売)、KARA「KARA BEST CLIPS Ⅱ & Shows」(2012年2月発売)、少女時代「GIRLS’ GENERATION COMPLETE VIDEO COLLECTION」(2012年9月発売)、Perfume「Perfume Clips」(2014年2月発売)、堂本光一「INTERACTIONAL/SHOW ME UR MONSTER」(2015年6月発売、DVD/BDシングル)に次いで、通算6作目となる(※同時総合1位獲得記録は、2008年7月のBDランキング発表開始以降を対象)。

関連リンク

Smap – Johnny’s net:http://www.johnnys-net.jp/page?artist=6&id=artistTop
SMAP レーベルオフィシャルサイトhttp://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A002763.html

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy