ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大好きな「でんしゃ」言えるかな?! 一歳半健診、言葉のチェックで引っかかった息子

f:id:akasuguedi:20170104051826j:plain

遊ぶの大好き、走るの大好き、元気が取り柄の我が息子。

歩き出したのは10ヶ月と早めだった一方、言葉はなかなか出てきませんでした。

そんな息子の1歳半健診の時のこと。

お友達よりおしゃべりが遅いし、噂で聞いていた“絵を見てものの名前が分かるかどうか”という項目もクリアできそうにないし、「これは引っかかるかもしれないなぁ」と思いながら会場へ行きました。

まずは、事前に記入しておいた用紙を提出して問診スタート。

私が気になっていたのは、就寝時間が遅いこと(なかなか寝てくれず苦労しています……)と、あまり言葉が出ないこと。

就寝時間については、いろいろ工夫してみたことを話すと、「それほど考え過ぎなくてもいいでしょう」と言われてホッ。

いよいよ言葉のチェックです。

この時点で息子が話せたのは、「ぱぱ」「まま」「はい」「よいしょ」「でんしゃ」「わんわん」の6つ程度。

(ちなみに、産まれて初めて話した意味のある言葉は「よいしょ」でした(恥)……無意識に連発していたらしい自分を反省!) 関連記事:普段何気なく使っている言葉に注意!息子の初めての口ぐせが「あ〜あ」でした

開始早々、「固有名詞を数えるんですよ~」と言われて、「はい」と「よいしょ」はカット。

そして、「ぱぱ」と「まま」も時々混同しているという理由で両方カット。

結局、カウントされたのは「でんしゃ」と「わんわん」の2語のみ、という心もとない状態で、絵の項目へ進むことになりました。

渡されたカードには、乗り物、食べ物、キャラクターなどの絵が載っています。

「でんしゃ」と「わんわん」は言えるかな?

車やリンゴも、指差しはできるかも?

そんな母の淡い期待をよそに、息子は大好きな電車を指差し、ひたすら「あー!あー!」と声を上げています。高まる不安……!

保健師さん「(息子)くん、電車が好きなのね~。電車、分かる?」

息子「(電車を指差して)あー!」

私:以下すべて心の声「(よしよし、その調子!)」

保健師さん「そうね~。じゃあ、車は?」

息子「(電車を指差して)あー!」

私「(あぁっ、残念!)」

保健師さん「あら~。じゃあ、ワンワンは分かるかな?」

私「(分かるかな、分かるよね、毎日見てるワンワンだよ~!)」

息子「(電車を指差して)あー!」

私「(えぇっ、まさか!)」

保健師さん「うーん、ちょっと一致してないみたいですね。じゃあ(息子)くん、これ(電車)はなあに? 名前、言えるかな?」

私「(ほらっ、一番得意な電車だよ!でんしゃ!頑張って!)」

そして息子は……

息子「(電車を指差して)あー!」

終~了~。

この後、2歳の誕生日頃に発達チェックの電話があることを告げられ、カウンセラーさんのいる相談コーナーに並ぶように指示されたのでした。

息子のおしゃべりについて、気にはしていたものの、「のんびりペースだけど、そのうち話せるようになるだろう」くらいに構えていた私。

相談コーナーに回されて、「そこまで心配なレベルなの…!?」と一気に不安に。

確かに、隣を見てみると、女の子がきちんと座って順調に指差しをしています。

相談コーナーは混んでいて、並んで待つこと30分。

息子は、動き回り→退屈し始め→ぐずぐず→大泣き。

そして肝心の相談内容はというと……

カウンセラーさん「言葉が遅いということでお悩みですね?」

私「あ、えっと、やっぱりよくない状態でしょうか?」

カウンセラーさん「まだこれからですから、気になさらなくて大丈夫ですよ」

私「……??」

というわけで、なぜ相談コーナーへ行くように言われたのかは、今もって謎です。

せっかくここまで待ったのだから、と、職業スイッチをオンにして、言葉の発達を促すコツを取材して帰ることに。

身体の発達のほうは問題なくて何よりでしたが、最終的に健診にかかった時間は約3時間……息子は限界、私もぐったりでした。 関連記事:「指差ししない」「モノの名前を言わない」1歳半健診で指摘された発達の遅れ

帰宅して復活した息子は、テレビを見ながら、「でんしゃ!」「わんわん!」と上機嫌で指差し(今頃!?)。

ついでに、健診では積み木の3段重ねもできなかったのですが、食後は食器を3枚積み重ねてくれました(もちろん残飯散らかり放題)。

「なんでそれをさっきやってくれなかったの~!?」と脱力……。

そんな息子も、今では1歳9ヶ月になり、少しずつ話せる単語が増えてきました。

つい先日からは、「まま、だっこ!」「わんわん、ねんね!」「でんしゃ、ついた!」と、二語文らしきものも出てくるように。

まだまだおしゃべりというほどではなく、2歳の発達チェックの電話で何と言われるのかは分かりませんが……この片言コミュニケーションも、今だけのものだと思うと愛おしいなぁ。

ゆっくり成長を見守っていきたいと思います。

f:id:akasuguope02:20150806111901j:plain

著者:cosmic

年齢:37歳

子どもの年齢:1歳8ヶ月

フリーライター。女性誌やWEBなどで執筆。遠距離結婚生活を経て、2015年に長男を出産。“東京で仕事”と“関西で育児”、両方の暮らしを楽しむのがマイテーマ。目下、知らないことだらけのベビーワールドをキョロキョロ探検中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

小さな手が指差したもの。 娘の見ている世界は思っていたより広いと気付いた瞬間
二人目妊娠中、初めての保育園に行きだした頃自閉症が発覚した。
1歳3ヶ月、まだ歩き出さない娘。原因は親子の関わり方? つい検索してはモヤモヤ…

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。