体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

屋台がお店の中に!? ビルの1Fに屋台を突っ込んだ「博多屋台 めでたい屋」が警固に誕生!【福岡・警固】

屋台がお店の中に!? ビルの1Fに屋台を突っ込んだ「博多屋台 めでたい屋」が警固に誕生!【福岡・警固】 f:id:mesitsu_lb:20161208155115j:plain

福岡にUターンしてきて気が付いたのですが、福岡市内の繁華街はとても歩道が広いのです。

新宿や渋谷といった繁華街の歩道と比べると、博多駅周辺や天神の歩道は明らかに広くて通りやすいんですよね。天神ビッグバン計画の一環として、新しいビルが歩道からセットバックして建てられているというのも一つの理由だと思います。

そしてもう一つ。福岡の歩道には、夜になると屋台が出るからその分広いのだという説に1票入れたいメシ通レポーターの桂です。こんばんは。

福岡を代表する食文化の一つである「屋台」。

老若男女が肩を寄せ合い酒を飲みかわしながら語らう風景は、福岡ならではと言えるでしょう。しかし、そんな屋台にも実は大きな弱点があります。それは悪天候。

小雨程度なら大丈夫ですが、大雨や台風ともなるとお店を出すことができず、たまたまその日に博多に遊びに来た人はせっかくの屋台文化を体験することなく帰ってしまうことになります。ちょっともったいないですね。

そんな屋台文化を天候に関わらず体験できたらいいな~という思いが届いたのか、2016年9月に新しくオープンしたこの「博多屋台 めでたい屋」は、ビルの1Fに屋台をそのまま突っ込んでお店にしてしまったというありそうでなかったコンセプトのお店です。

早速お邪魔してみましょう!

天神からも赤坂からも歩いて行ける距離

少しわかりにくい場所にあるお店ですので、まずは天神からの道順をご案内しておきます。国体道路に出て警固方面にまっすぐ歩いてください。

f:id:mesitsu_lb:20161208153311j:plain f:id:mesitsu_lb:20161208153342j:plain

天神西通りの突き当りの交差点も超えてさらにまっすぐ進みます。

f:id:mesitsu_lb:20161208153408j:plain

左手にコンビニが見えてきますので、その信号を左に曲がってください。通称:上人橋通りですね。

f:id:mesitsu_lb:20161208153455j:plain

上人橋通りに入って50メートルほどで右手に入る最初の道があります。スポーツショップと焼肉店の間の細い道です。その道を入ってすぐの右手に「博多屋台 めでたい屋」があります。

f:id:mesitsu_lb:20161208153529j:plain

お店の中には屋台が2台!?

今回取材させていただいたのは開店前の時間帯です。開店と同時に多くのお客さんが押し寄せる人気店なので、開店後の取材が難しく、特別に夕方4時から取材用に開けていただきました。感謝です。

お店の中にはこの通り、屋台が2台分まるまる突っ込まれています!

f:id:mesitsu_lb:20161208153620j:plain

1つの屋台あたり12~15名座ることができますので、大体30名弱で満席となるくらいのスペースです。もちろん、椅子も屋台で使っているものをそのまま使用。

f:id:mesitsu_lb:20161208153653j:plain

このようにしっかり車輪もついており、天神や中州にある屋台と何ら変わりはありません。街中の屋台と異なる点と言えば、冷暖房完備である点、そして……

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。