ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

電動工具はバッテリー共用のシリーズものが便利

電動工具はバッテリー共用のシリーズものが便利

いまや電動工具はDIYの必需品。労力や時間を大幅に減らすことができます。とはいえ、これまで大手メーカーの電動工具は価格も高く、電動工具の購入を躊躇していた人も多いでしょう。そんななか、バッテリーを共用するホームセンターのオリジナル電動工具がとても充実しているのです。

電動工具はドライバーから揃える

DIYを始めるなら、安くて質の良いホームセンターのオリジナル工具がオススメ。なかでも、作業が一気に捗る電動工具が充実しています。組み立て家具用に、まずはインパクトドライバーから揃えたいものです。

最近多い電動工具が、ツール間でバッテリーを共用できるタイプ。大手メーカーはバッテリーと充電器だけで1万円超え必至ですが、ホームセンターのプライベートブランドなら半額で性能も良く、侮れません。

コメリのB-Shareシリーズの電動工具は、今のところラインアップは7種類。工作から庭の手入れまで必要十分です。インパクトドライバーは充電器1個、電池パック2個付きで9,980円となっています。

電動工具はマルチバッテリー採用

注目すべきはバッテリーパック。今回取り上げた3シリーズ中、価格は2,980円と最安でありながら、充電時間が30分と最短。作業時間短縮につながります。充電中に別の作業をするためにも、予備バッテリーは必需品。価格の安さは大きなメリットでしょう。

Webサイトを見ても大々的に宣伝していませんが、ケイヨーD2にもマルチバッテリーシステム採用の電動工具があります。ラインアップは8種類。そのほとんどが4,980円という価格に集中し、1番高いインパクトドライバーでも7,000円を切ります。モノトーンで統一されたデザインもシンプルです。

カインズの「e-cycleシリーズ」は、ランダムサンダーや噴霧器が新たに加わり、16種類と電動工具の品揃えはダントツ。特に労力のいる研磨作業に、4,980円のサンダーは重宝します。ちなみに、インパクトドライバーは7,980円です。充電時間は3社中最長ですが、バッテリーの持ちは十分でしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

無線ルーターのおすすめ簡単パワーアップ改造
エポキシ接着剤の溶接並みの強度を試してみた
2×4材と突っ張り金具で室内に柱を追加する
ドローンの操作距離を「蒸し器」を使って延ばす
車の傷消し!自分で修復するための4工程とは

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。