ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『12月31日はなんの日?』偉大なる遺伝子と9度のグラミー受賞歴を持つ女性シンガー、ナタリー・コールの命日

『12月31日はなんの日?』偉大なる遺伝子と9度のグラミー受賞歴を持つ女性シンガー、ナタリー・コールの命日

 1年前の大みそか、アメリカ・ロサンゼルスの病院でナタリー・コールは静かに息を引き取った。

 享年65歳。ジャズ界の偉人、ナット・キング・コールとオーケストラ歌手、マリア・コールの娘であるナタリー・コールは、1975年にR&Bシンガーとしてデビュー。デビュー曲「ジス・ウィル・ビー」がいきなり全米ビルボード6位のヒットを記録し、同年のグラミー賞で最優秀R&B女性ボーカル賞、最優秀新人賞に輝くなど、実にサラブレッドらしい、華やかなキャリアの幕開けだった。その後、薬物依存に悩まされた時期もあったが、それを克服。1991年に発表した父へのトリビュート作『アンフォゲッタブル』が全米ビルボードNo.1に輝き、ジャズ作品としては異例の大ヒットを記録した。グラミー賞の最優秀アルバム賞も受賞し、ジャズ・シンガーとしても成功を収めたナタリー・コールは、キャリアを通じてグラミー賞に21回ノミネートされ、そのうち9度の受賞を果たしている。

関連記事リンク(外部サイト)

故ナタリー・コールが語っていた“一番辛い父の死”に対する思い
『12月28日はなんの日?』レミー・キルミスターの一周忌、いまだ追悼のアクション絶えず
『12月27日はなんの日?』要塞ドラムセットでおなじみ、テリー・ボジオの誕生日

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy