体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ヤバイ】辛さ200倍超の超激辛スープカレーにBiSのメンバーが挑戦! 注目映画『NERVE/ナーヴ』さながらの無理難題をクリアせよ!

01_DSC_1860


1月6日に公開される映画『NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』。裏オンラインサイト「NERVE/ナーヴ」から出される無理難題に挑戦し、クリアすると多額の賞金をもらえるという危険なゲームに夢中になる若者たちの姿を映し出した新春注目の一本となっています。

無理難題に挑戦し続けてきたアイドル・BiSも企画に挑戦!

そんな映画『NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』の本編に登場するような無理難題に、アイドルグループ・BiSのメンバーが挑戦する動画が公開されることになりました。

BiSといえば24時間100キロマラソンに挑戦してみたり、樹海で全裸になったMVを公開したり、ブッ飛んだ話題を提供し続けてきたアイドルグループ。2014年に一度は解散してしまいましたが、2016年7月に新メンバーを加えて再始動となったのです。

無理難題をアイドルに挑戦してもらうのであれば、BiS以外に適任はいないと言っても過言ではないでしょう!

挑戦「マジックスパイスの超激辛スープカレーを完食せよ!」

今回の企画では5人のメンバーそれぞれが違う内容の挑戦をするのですが、今回は新メンバーのキカ・フロント・フロンタールさん(以下、キカちゃん)が挑戦する様子を取材させていただくことになりました。

キカちゃんが挑戦するのは、下北沢にあるスープカレーの超人気店『マジックスパイス』の数量限定超激辛メニュー『アクエリアス』を完食するという内容。もともと辛い食べ物は大好きだというキカちゃんでしたが、いざテーブルに『アクエリアス』が運ばれてくると、その表情が一変してしまいます……。

03_DSC_1850


こちらがその『アクエリアス』なのですが、スープカレーなのにスープがありません。おぞましいほどにドロドロとしたペースト状になっているのです。

04_DSC_1889


『マジックスパイス』で最も辛い通常メニューは『虚空』といい、ピッキーヌという唐辛子が25本使用されているのですが、この『アクエリアス』ではなんとピッキーヌを200本以上使用しているとのこと。

辛い成分が凝縮されまくって、ドロドロになっているというわけですな。恐ろしい……。

05_DSC_1894


しかし、ヤワなアイドルならここで逃げ出してしまってもおかしくありませんが、そこはさすがBiSのメンバー。もはや液体というよりも固体に近い状態のスープカレーをスプーンですくい、臆することなく口へと運びます!

06_DSC_1900


行ったァーーーーーーーーッッ!!!!

07_DSC_1934


そして当然ですが悶絶――――――――ッ!!!!!
目を強く閉じ、無言で手をプルプルとさせながら必死に辛さに耐えるキカちゃん。見ているだけのこちらも汗が噴き出してきそうです……!!

一口食べ終えたキカちゃんは「食べた瞬間に舌がおかしくなった」「涙が勝手に出てくる」「声が出せない」「舌が回らない」「耳もおかしい」と、一瞬にして体にたくさんの異変が起こったことを報告します。

しかし、心配したスタッフから「ラッシー頼みますか?」と聞かれると、「ひよってると思われたくないんで」と断り、そのまま挑戦を続行!
なんというアイドル根性なんだ!

目の前でマネージャーが普通のスープカレーを食べる中、挑戦を続行!

一口食べては悶絶しつつも、着実に食べ進めていくキカちゃん。
しかし、そんなキカちゃんの目の前でさらにひどい仕打ちが繰り広げられていたのでした。

08_DSC_1970


なんと、目の前でマネージャーが全然辛くない普通のスープカレーをモリモリと食べていたのです!

1 2 3次のページ
ノジーマの記事一覧をみる
ノジーマ

記者:

漫画を描いたりライターをしたり。B旧フード研究家。趣味は昼寝。枕元に尿瓶を置き、ビールを点滴しながら寝て暮らしたい。千葉ロッテマリーンズファン。スマイル党員。 ★1/12変なレシピ本が出ます!★世界一美味しい「どん二郎」の作り方 誰も思いつかなかった激ウマ!B級フードレシピ

ウェブサイト: http://amzn.asia/8N2jTuz

TwitterID: aochins8

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy