体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「Apple Pay×au WALLET クレジットカード」で日々の買い物が超スマートになった件

おやおや大ちゃん、コンビニのレジでそんなにドヤ顔しちゃって、どうかしたのかな?

なるほど。さすがは新しもの好きの大ちゃん、自慢のiPhone 7を使って「Apple Pay」で買い物していたんですね。

大ちゃんがApple Payに登録したのは、「au WALLET クレジットカード」。電子マネー「QUICPay」が使えるから、コンビニなどでの買い物の際、iPhoneでピピッとするだけでスマートに決済できちゃうってわけです。

auユーザーにとってお得がいっぱいの「au WALLET クレジットカード」。auユーザーなら年会費無料です 「au WALLET クレジットカード」は、2016年10月から日本国内でのサービスが始まった「Apple Pay」に対応。普段の買い物をより便利でスマートにしてくれます

大ちゃんが「au WALLET クレジットカード」を選んだ理由はズバリ、ポイントが貯まりやすいから。ポイントカードがあるお店では、お店のポイントも、WALLET ポイントも、ダブルで貯まってオトク。そのうえ、全国の「ポイントアップ店」では、さらにポイントが貯まっちゃうんです。

「ポイントアップ店」の例。通常よりもさらにWALLETポイントが貯まります

アプリやウェブの決済も超スマートに

話題の映画を見に行こうと、TOHOシネマズのサイトからチケットを予約している大ちゃん。Apple Payでの決済に対応しているから、一度クレジットカードを登録しておけば、指紋認証だけで決済可能。わざわざその都度カード番号を入力する必要がないので超スマート&超安心というわけです。

しかもTOHOシネマズはau WALLETの「ポイントアップ店」だから、ポイントがさらに貯まってお得! 超スマートにチケットを予約できたうえにポイントもたくさん貯まり、ほくほく顔の大ちゃんなのでした。

※ウェブやアプリの決済はMastercardブランドのみ対応しています。

実は、iPhone 7じゃなくても使える

あれあれ、あずきちゃんもApple Payを使ってるぞ。あずきちゃんはiPhone 6だったはず。Apple Payを使えるのってiPhone 7だけじゃないの?

実はね大ちゃん、Apple Payを使えるのはiPhone 7だけじゃないんですよ。iPhone 6以降のiPhone、またはiPad Pro、iPad Air 2、iPad mini 3以降のiPadなら、iOS10.1以上をインストールすれば、アプリやウェブの決済でApple Payを利用できるんです(ただしQUICPayなど電子マネー機能は非対応)。だからiPhone 6のあずきちゃんも、TOHOシネマズで超スマートに決済できちゃいました。

困った時はauショップに相談するという手も

au WALLET クレジットカードのApple Payへの設定はau WALLET アプリからすごーく簡単にできるのですが、つまずいた場合でも大丈夫。auショップに持っていけば、スタッフが設定のお手伝いをしてくれます。困った時は相談してみてましょう。

というわけで、便利で快適なうえにポイントがどんどん貯まるau WALLETクレジットカード×Apple Pay。日々の買い物からアプリやウェブでの予約や決済まで、みなさんもぜひ大ちゃんのように超スマートに活用してみてくださいね。

WALLET ポイント紹介ムービー

Apple Pay に「au WALLETクレジットカード」を追加する方法

関連リンク

au WALLET クレジットカード
iPhone 7
Apple Pay

※掲載されたKDDIの商品・サービスに関する情報は、掲載日現在のものです。商品・サービスの料金、サービスの内容・仕様などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

使わないのは損。Apple Payで財布のダイエットに挑戦した!
1カ月使い倒して分かった! 「Apple Watch Series 2」がスポーツウォッチとして優れている6つの理由
iPhone 7でふたたび注目を浴びる「FeliCa(フェリカ)」とは?

TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。