ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

インドでお腹を下した僕が“究極のカレー”を見つけた町「リシケシ」

インドでお腹を下した僕が“究極のカレー”を見つけた町「リシケシ」

こんにちは。世界を旅する栄養士たけひろです。

皆さんはインドカレーが好きですか?僕もインドカレーが大好きだったのでインドに行くやいなや、すぐにカレーを食べましたが、本場のスパイスは日本人の僕にとっては強すぎて、お腹を下す羽目になりました。

しかも本場のインドカレーは想像以上に刺激が強く、思っているほどおいしくない…。正直、ただ辛いだけのものが多く、日本にあるインドカレー屋さんの方がよっぽど美味しいです。

 

そんなことを思っていた僕は、ある町でインドカレーの真髄を知ることになります。今回は栄養士の僕が100点満点をあげたい町「リシケシ」を紹介したいと思います!

 

緑あふれるヨガの聖地リシケシ

India_0176
photo by TAKEHIRO

インドの首都ニューデリーより北に位置し、ヒマラヤ山脈の山中にある町がリシケシです。

ここはバラナシの汚いガンジス川からは想像もできないような美しく青きガンジスが流れ、ニューデリーからは考えられないような木々の緑に囲まれたとても綺麗な町です。

リシケシはヨガの故郷とも言われ、世界中からヨガを習いに様々な人が集まる、ヨガの聖地です。

 

ベジタリアンの町

India_0351
photo by TAKEHIRO

しかし、これだけでは栄養士は100点を与えません。栄養士の僕にとってこの町がすごいと思った理由は、町全体がベジタリアンというところです。

町にあるカフェやレストランでは肉料理の扱いがほとんどなく、基本的にはベジタリアン料理でした。

何より、今まで食べてきた刺激的なインドカレーとは違い、野菜の旨みとスパイスの香りが調和した非常に美味しいカレーをたくさん食べることが出来ました。

 

禁酒の町

Pattern from much of drinking cans of beer

photo by pixta

また「町にお酒がない」のも、この町のすごいところ。綺麗なレストランでも、雰囲気のいいカフェでも、お酒は提供されません。

唯一町の外れにお酒を販売する商店がありますが、店主もお酒を販売していることを隠しながらやっています。

それだけ町が徹底されているようです。

 

インドカレーの真髄。医食同源のアーユルヴェーダレストラン

India_0205
photo by TAKEHIRO

アーユルヴェーダとは「インドの伝統医療」で、その考え方は医食同源です。その人の体型や体調別に食材やスパイスを変えることで体調を整え、病気にならないような食事をすることに重点を置いています。

リシケシにはこのアーユルヴェーダの考えに基づいたレストランがありました。もちろん全てがベジタリアンメニューですが、ここのレストランのカレーが非常においしかったです。

 

スパイスも程よく、芋やマメ、ギー(バターオイルの一種)などがたくさん使われているため満足感もありました。

インドカレーの真髄はスパイスによって体調を整え、食材や良質な油で身体に活力を与える食べ物なのだと知りました。

 

リシケシのオススメのお店

僕がリシケシを大絶賛する理由は、美味しくて健康的なお店がたくさんあるからです。ここでは、リシケシでオススメのお店を紹介します。

 

アーユルパーク

India_0208
photo by TAKEHIRO

先程紹介したアーユルヴェーダレストランです。

こちらのターリーはベジタブルカレー2種類、チャパティ、パンケーキ、ベジタブルプラオ、キッチャリー、ハルヴァです。
■詳細情報
・住所:Badrinath Road, Tapovan, Rishikesh, Uttarakhand.
・営業時間:AM 9:00 – PM 9:00
・定休日:なし
・公式サイトURL:http://ayurpak.webs.com/

 

ピラミッドカフェ

India_0284
photo by TAKEHIRO

こちらは町から少し山の方へ入った場所にあるカフェです。こちらのお店のオススメもベジタブルターリー。

個人的にはインドで食べた料理の中でここのお店のターリーが一番美味しかったです。

ターリーはベジタブルカレー、ダールフライ、パラクパニール、チャパティ、クミンライス、サラダ、パパド、ライタ。
■詳細情報
・住所:Kirmola, Laxman Jhula, Rishikesh, Uttarakhand
・公式サイトURL:http://www.pyramid-cafe.in/

 

カフェおかえり

India_0263
photo by TAKEHIRO

リシケシにある日本食カフェ。僕は基本的に海外の日本食は好きではないのですが、こちらのカフェは大好きなので紹介します。

肉や魚はもちろん不使用で、味噌や醤油は発酵を止めていない生のものを使っています。また、ご飯は雑穀米というこだわりっぷりです。

まるで都内のオシャレカフェのような食事を安価で提供しているので、栄養士としては大好きなお店です。
■詳細情報
・住所:Tapovan, Rishikesh, Uttarakhand
・営業時間:AM 11:00 – PM 3:00
・定休日:なし
・公式サイト:カフェおかえり

 

リトルブッタカフェ

India_0218
photo by TAKEHIRO

こちらはリシケシでも有名なカフェで終日お客さんが絶えないお店です。こちらのお店はお肉も扱っているので、お肉が食べたいときには便利。

ガンジス川沿いのお店は夜になるととても雰囲気があるのですが、お酒は置いてありません。

どのメニューも外れなく美味しいです。
■詳細情報
・住所:Laxman Jhula , Rishikesh
・営業時間:AM 8:00 – PM10:00
・定休日:なし
・公式サイト:Little Buddha cafe, Rishikesh

 

まとめ

汚い、臭い、嘘つきが多い、電車が来ない、など負のイメージが強いインドですが、リシケシに行けばそのイメージを一掃してくれれるかと思います。

それだけリシケシは魅力的な場所でした。僕は首都ニューデリーには二度と行きたくないですが、リシケシはもう一度行きたいと思っています。

ぜひインドを訪れた際はリシケシでヨガをしながら、健康的な料理を食べてみては。

 

僕の旅の様子はInstagramブログでも更新中です。

関連記事リンク(外部サイト)

まだ見ぬフィンランド: 大自然が育んだ、ぜいたくな伝統料理に舌鼓
この夏、アジアに行ったら必ず食べたいご当地デザートまとめ
本当に美味しい東アジアの名物グルメ5選
インドの世界遺産全てを美しく捉えた写真65選

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy