ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2017春新色◆新しい自分に出会えるRMKのピンク×ベージュ!

上は、佐藤さんが今回のRMKのコレクションのために描きおろした作品。ミラーを思わせるクローゼットを描いたとのこと。この絵を見た途端、KAORIさんは「私が伝えたいことがすべて詰まっている!」と感じたそうです。クリエイターふたりの目に見えない繋がりが、この絵に込められているようですね。

さて、KAORIさんの思いがこもったコレクションを使ったデモンストレーションに移ります。

まずは、フェイスポップ アイズを使ったアイメイクから。

rmk2017ssメイクアップコレクション-フェイスポップアイズを使ったデモンストレーション

KAORIさん:

「アイシャドウはすべて、ピンクとベージュの2色のパレットになっています。混ぜて使うのもアリですが、今回は肌に溶け込みやすいベージュやブラウンを、ベースとしてまぶた全体に塗ります。その上からピンクをのせて、あえて色を濁らせる。こうすることで、大人っぽいアイメイクに仕上がります。

ちなみに、01のシルバーゴールドベージュであれば、仕上げにベージュ部分をまぶた全体にのせると軽い光のヴェールをかけたような状態になり、大人っぽい目元を演出できます。また、02~06であれば濃いカラーをアイラインとして目のキワに入れるなど、自分の好みで使えるのも今回のコレクションの魅力です」

アイメイクの次は、フェイスポップ クリーミィチークスで頬に色味を吹き込みます。

rmk2017ssメイクアップコレクション-フェイスホップクリーミィチークスを使ったデモンストレーション

KAORIさん:

「フェイスポップ クリーミィチークスは、いわばクリームとパウダーのいいとこどりをしたものです。

01のシルバーチークは肌の透明感を演出。03のストロベリーピンクは、あえて少し高めに入れてシャープな雰囲気に。甘いだけでなない、さまざまなピンクの表情が楽しめます。

そして仕上げに、フェイスポップ パウダーチークス(ベージュ系)を上からのせれば完成。質感とカラーの違うふたつのチークを使うことで、光沢感と透明感の両方が手に入ります」

最後はフェイスポップ マットリップスでメイクの総仕上げ。

rmk2017ssメイクアップコレクション-フェイスホップマットリップスを使ったデモンストレーション

KAORIさん:

「大人の女性に、あえてマットなピンクを使いこなしてほしいという思いから開発しました。オイルインなのでクレヨンのようにやわらかく、のびがよいのが特徴です。

リップで唇を彩ったら、フェイスポップ Wスティックグロスをのせます。これでメイクが完成です」

rmk2017ssメイクアップコレクション-デモンストレーション後に会場の皆さんにモデルさんのメイクを披露

仕上がったメイクを会場の皆さんに披露

各新色は単品で見るとポップなカラーですが、実際にメイクをするとしっとりと大人な雰囲気に。新たなニュアンスを醸し出せるし、入れる順番や位置によっても印象の違うメイクが楽しめます。ピンクとベージュ、奥が深い!!

デモンストレーションの後は、テスタースペースで実際に商品を試してみました。

rmk2017ssメイクアップコレクション-テスタースペース

新色がラインナップされたテスタースペース

アイシャドウの中で私が気になったのは06番。
rmk2017ssメイクアップコレクション-フェイスポップアイズ06

RMK フェイスポップアイズ 06

rmk2017ssメイクアップコレクション-フェイスポップアイズ06を手と目で試した画像

ベージュとピンクを混ぜ合わせると右の写真のような感じに

06を手元と目元に試してみました。ピンクとベージュを混ぜ合わせることで、深みが増して陰影のある目元に。ピンクが入ることで春らしさも感じられるので、春のファッションと合わせて楽しめますね。

続いては、クリーミィチークス。

rmk2017ssメイクアップコレクション-フェイスポップクリーミィチークス全4色テスター

フェイスポップ クリーミィチークス

左から:01 シルバーピンク、02 ペールピンク、03 ストロベリーピンク、04 ホットピンク

rmk2017ssメイクアップコレクション-フェイスポップクリーミィチークス全4色を手で試した画像

写真左から、01 シルバーピンク、02 ペールピンク、03 ストロベリーピンク、04 ホットピンク

実際に肌で試すと上のような感じです。
RMKならではのピンクのニュアンスが存分に楽しめます!特に左側の2つは、ハイライトとしても使えそうな色味でツヤ感を出すのにオススメ。

続いて、フェイスポップマットリップス。

前のページ 1 2 3次のページ
生活・趣味
tokilaの記事一覧をみる
tokila

記者:

20~30代向けの美容情報サイト、tokila(トキラ)。 現場取材と実践をモットーとして美容の最前線をお届けします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。