ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2017春新色◆新しい自分に出会えるRMKのピンク×ベージュ!

来年20周年を迎えるRMKの2017年春夏メイクアップコレクションが、11月2日、表参道ヒルズ B3Fにあるスペース オーで開催されました。

rmk2017ssメイクアップコレクション-フルラインナップディスプレイ画像

20周年のアニバーサリーイヤーに発売される商品

メモリアルイヤーである2017年はCOLOR CHANGEがテーマ。”ピンク”と”ベージュ”という、女性にとって特別な2つのカラーに新たな風を吹き込み、新しい自分になる!という意味を込められているとのこと。個人的にもピンクもベージュも好きなカラーなので、興味津々です。

気になる新商品はこちら。

rmk2017ssメイクアップコレクション-フェイスポップアイズ全6種

RMK フェイスポップ アイズ 全6種 各¥3,800(税抜)2017年1月6日数量限定発売

手前上段左から:01 シルバーゴールドベージュ、02 ゴールデンソフトベージュ、03 レッドブラウンベージュ
手前下段左から:04 ディープブラウンベージュ、05 ナチュラルブラウン、06 シルバーモーブベージュ

rmk2017ssメイクアップコレクション-フェイスポップクリーミィチークス全4色とパウダーチークス全3色

手前上段:RMK フェイスポップ クリーミィチークス 全4色 各¥3,200(税抜)2017年1月6日数量限定発売
左から:01 シルバーピンク、02 ペールピンク、03 ストロベリーピンク、04 ホットピンク

手前下段:RMK フェイスポップ パウダーチークス 全3色 各¥3,200(税抜)2017年1月6日数量限定発売
左から:01 ソフトブラウン、02 ソフトコーラル、03 ナチュラルブラウン

rmk2017ssメイクアップコレクション-フェイスポップマットリップス全3色とフェイスポップリップス全4色とネイルカラーEX全6色

上段左端から4番目まで:RMK フェイスポップ リップス 全4色 各¥3,000(税抜)
上段左から:01 コーラルベージュ、02 ナチュラルベージュ、03 モードベージュ、04 レッドベージュ

上段左5番目から右端まで:RMK フェイスポップ マットリップス 全3色 各¥3,000(税抜)
上段5番目から:01 ピュアピンク、02 ローズピンク、03 ホログラフィックシアーピンク

下段:RMK ネイルカラー EX 新色6色 各¥1,500(税抜)
下段左から:EX-65 ペールピンク、EX-66 チェリーピンク、EX-67 トゥルーピンク、EX-68 シアーダークベージュ、EX-69 シルバーベージュ、EX-70 シアーピンク
すべて2017年1月6日数量限定発売

rmk2017ssメイクアップコレクション-フェイスポップWスティックグロス全4種

RMK フェイスポップ Wスティックグロス 全4種 各¥3,800(税抜)2017年1月6日数量限定発売

奥から:01 ロマンティックスパークル、02 ロリポップガール、03 ティータイムドリーム、04 グラムグリッター

まずは、RMKクリエイティブディレクターであるKAORIさんが登場。

rmk2017ssメイクアップコレクション-クリエイティブディレクターkaoriさん

なりたい私へのもう1つのクローゼット「color closet」を提案するKAORIさん

KAORIさん:

「今回、ピンクとベージュをキーカラーに選んだのは、この2色が女性にとって特別なカラーだから。
たとえば、ピンクは女性のハッピーな感情を表現するカラー。そして、ベージュは女性にとってなくてはならない、必須のカラーだと考えています。この2つに新たな風を吹き込むことで、自分の中のもうひとりの自分が目を覚ます。新たなファッションやメイクをポップに楽しんでほしいという願いを込めて、このコレクションを提案しました。

自分の個性を輝かせる方法は人それぞれ。私は、誰にでも個性があるべきだと考えます。もうひとりの自分になるために、なりたい私になるためには、”もう1つのクローゼット”が必要。新たなクローゼットの扉を開けて欲しく、COLOR CLOSETをキーワードに、それぞれのアイテムを開発しました」

rmk2017ssメイクアップコレクション-ピンクとベージュのイメージ画像

女性にとって大切なピンクとベージュをクローズアップ

KAORIさんは、新コレクションに取り組むときは常にファッションとメイクの融合を考えるとのこと。だから、クローゼット=いわゆる”ファッション”は密接な関係があり、不可欠なものなのです。
今回KAORIさんが出会ったのが、画家の佐藤翠さん。佐藤さん、実はクローゼットを題材にして絵を描き続けているそうです。

rmk2017ssメイクアップコレクション-佐藤翠さんがrmkのために描き下ろした絵

佐藤翠さんがRMKのために描き下ろした絵

1 2 3次のページ
生活・趣味
tokilaの記事一覧をみる
tokila

記者:

20~30代向けの美容情報サイト、tokila(トキラ)。 現場取材と実践をモットーとして美容の最前線をお届けします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。