体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

名物は駅弁ならぬ“駅パン”! 駅長自らパンを焼く「駅舎工房モン・ファボリ」【兵庫県北条鉄道】

f:id:Meshi2_Writer:20161201164221j:plain

美人駅長がパンを焼く駅がある

私、以前は鉄道もパンも知らない普通の主婦だったんです。そんな私がまさか駅長に、そしてパン職人になるなんて、思ってもみなかったですね。

北条鉄道「法華口」(ほっけぐち)駅のボランティア駅長、北垣美也子さんは、そう言いました。

こんにちは。

パンに目がないメシ通レポーターの放送作家、吉村智樹です。

いつも「どこかにおいしいパンを焼くお店はないか~?」と、鼻をふがふがさせながら街をさまよっています。

そんな僕がおすすめしたい、一軒のおいしいパン屋さんがあります。

そしてそのパン屋さんは、駅からとても近い場所にある、いや「駅そのもの」なのです。

今日はみなさんを、グランド・パン食う・レイルロードな旅へとご案内いたしましょう。

創立100年を超える木造駅舎

僕が乗車したのは、兵庫県加西市ののどかな野里を走る単線のローカル鉄道「北条鉄道」。

f:id:Meshi2_Writer:20161204165609j:plain

▲一両の車両が田園風景をゆっくりと走る、第三セクター方式の北条鉄道。全国で初めて旅客用の車両に廃油燃料が使用された

加西市は清酒の原料となる酒米「山田錦」の産地として知られる田園地帯。

わずか一両の愛らしいディーゼルカーが田んぼのあぜ道に沿ってとろとろと走る。

その姿は郷愁を誘い、見知らぬ土地なのにふるさとへの帰途についているかのような懐かしい気持ちになります。

休日のぼんやりワンデイトリップにうってつけの路線でしょう。

f:id:Meshi2_Writer:20161201165929j:plain

▲酒米「山田錦」の産地として知られ、車窓から見える風景は一面に田んぼだ

f:id:Meshi2_Writer:20161201175434j:plain

▲北条鉄道は「枕木応援団」という制度を取り入れている。1口 4,500円で名前とメッセージ入りのプレートを作成し、3年間、枕木に取り付けられる

目指すは「法華口」駅。

f:id:Meshi2_Writer:20161201165946j:plain

▲2012年11月にボランティア駅長が着任するまで無人駅だった法華口駅

「法華口」駅は大正4年建設という歴史ある木造駅舎。

今年で創設101年になり、平成26年に「国登録有形文化財」に認定されました。

文字が右から記されたレトロな駅名標もいまだに現存しており、貴重かつ味わい深い風景が随所に。

f:id:Meshi2_Writer:20161201170018j:plain f:id:Meshi2_Writer:20161201170003j:plain

▲駅名が右から表記されていた形跡がうっすら残っている

f:id:Meshi2_Writer:20161201170158j:plain

▲北条鉄道は兵庫県小野市の粟生(あお)駅から加西市の北条町駅までの8駅13.6kmを22分で結ぶローカルミニ鉄道

平成25年には、大工さんから高さ7メートルもの地元にゆかりのある「三重塔」の模型が寄贈されました。

f:id:Meshi2_Writer:20161201170142j:plain
1 2 3 4 5 6 7 8次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。