ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アフリカにネット環境を!Facebookが「人工衛生」の打ち上げを発表

アフリカにネット環境を!Facebookが「人工衛生」の打ち上げを発表

2015年10月5日、Facebook社のマーク・ザッカーバーグCEOは「全世界を繋ぐ」との言葉と共に人工衛星「AMOS-6」の打ち上げをアナウンスした。(function(d, s, id) { var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = “//connect.facebook.net/en_GB/sdk.js#xfbml=1&version=v2.3”; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs);}(document, ‘script’, ‘facebook-jssdk’));

I’m excited to announce our first project to deliver internet from space. As part of our Internet.org efforts to connect…Posted by Mark Zuckerberg on Monday, 5 October 2015

投稿には新しいプロジェクトに向けてこんなコメントが。

「Facebookでは、これまでドローンやレーザービームを使用した方法を試してきた。従来のインフラ設備では効率的に接続環境を整えることが難しい。だから、新しい方法を見出す必要がある。

今度、ユーテルサット社と共同でアフリカ・サハラ砂漠以南を幅広くカバーできる新しい衛星「AMOS-6」を打ち上げる。

まだ建設中ではあるが、衛星軌道にのせることで西・東・南部の地域をカバーできるようになる。引き続き、全世界を繋ぐために前進する」

未だ、世界の3分の2は
ネットに繋がっていない

同プロジェクトのwebサイト「Internet.org」がそう書いている通り、未だインターネットに接続されていない地域は多い。が、同プロジェクトはすでにいくつもの地域で利用できる新しいサービスを開始している。

「Free Basics Services」は、コミュニティやトピックごとに区分された情報を無料で利用できるプログラムだ。健康や教育、雇用など、すでに60種類のサービスが存在しており、利用できる範囲は19カ国まで拡大した。

以前、マーク・ザッカーバーグCEOが語った発言が印象的だ。

「接続は人権だ」

Reference:Mark Zackerburg(Facebook),Internet.org,

関連記事リンク(外部サイト)

海で拾ったガラスがお金に。湘南発の地域通貨「ビーチマネー」って?
Facebookがドローンを使って、世界中にインターネット環境を配備!
偉人たちも生きることに苦しんでいた・・・「空虚なのにグッとくる」10の名言

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。