「得意料理は何?」にベストな回答とは 上手な人ほどアピールしない説も浮上!

access_time create folderエンタメ

フードコーディネーターSHIORIさんによる「作ってあげたい彼ごはん」をはじめ、書店をのぞくとあふれかえる“モテ系レシピ”本の数々。昔から、「男をつかむなら胃袋をつかめ」と言われるほど、恋愛において大切な女の手料理。

女性の皆さんは、合コンや飲み会で男性に「得意料理は何?」と聞かれた時、何と答えていますか?

「肉じゃがを作る女はモテる」などと言われていた時代は遠い昔。「男子はそれほど肉じゃがが好きじゃない」という根本的な事実が今では明らかとなったわけですが、では男性が本当に作ってもらいたい料理とは何なのでしょうか? 実際に男性に聞いて調査した内容を一部抜粋してご紹介します。

男はいくつになっても少年! レトロなお子様メニュー

女が男の為に料理を作る際「きっと家庭の味が恋しいだろう」と煮物を中心とした和食を作りがちですが、男にとっての家庭の味が、和食だとは限りません。むしろ、ハンバーグやカレー、オムライスやグラタンといった子供の頃大好きだったメニューの方が強く記憶に刻まれている事が多いと言います。

また、カレーはともかくお店で食べるハンバーグはソースが和風だったり、オムライスはデミグラスソースだったりと工夫が凝らされているので、「素朴にケチャップたっぷりで食べたい」という、男の中の“少年”を理解してあげればきっと喜ばれるのでは無いでしょうか。

満腹=幸せ ボリュームたっぷりの丼モノ

「お腹がすいている時はすぐに食べたい!」と思うのも男ならでは。いくら彼女が料理上手でも、お腹がすいている時に1時間以上待って凝った料理を食べるよりは、簡単にチャッチャと作ってもらった方が感動する様です。

そして、美味しくてお腹がいっぱいになるメニューの定番と言えば丼モノ。甘辛い味付けだけ覚えておけば、鶏肉と卵で親子丼、牛肉と玉ねぎで牛丼、とアレンジが楽チンなのも女にとって嬉しい限りです。

“こなれ感”が見える、エスニック

一番難易度が高く、男側も料理が好きな場合に有効なのがエスニック。まるでお店の味! とまではいかなくても、ナンプラーやガラムマサラといった調味料を炒め物に使ったり、サラダにレモンと砕いたピーナッツをかけるだけでもエスニック風味にはや代わり。男子によってはエスニックが苦手な人もいる為、地雷となる可能性も無きにしも非ずですが、好きな人には大ヒットのコメントとなるでしょう。

そもそも“真の料理好き”はアピールしない?

また、「料理が好きな人は色々作れるはずだから、得意料理を尋ねられても答えられないはず。だから、答えられない人ほど料理が上手なんだなって思う」という意見や、「飲み会で料理好きアピールをしている女の子を見ると“狙いすぎ”か“本当は料理しなそう”って思ってしまう」という男性陣からの厳しいご意見も。

一番衝撃的だったのが「米と味噌汁が完璧でなければ認めない」という、海原雄山の様なコメント。「得意料理は何?」へのベストな回答を探す調査はまだまだ続きそうです。男性の皆さん、あなたが女子に答えて欲しい“得意料理”は何ですか?

※画像はブログ「作ってあげたい彼ごはん」より引用。

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「藤本エリ」が執筆しました。[リンク]
恋愛・美容・エンタメに興味津々な女ライター。日常での「クスッ」や「イラッ」を記事に出来ればと思っています。

access_time create folderエンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧