世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2016年12月)、MarshmallowがKitKatを抜く、Nougatは0.4%

access_time create folderデジタル・IT
Google は 12 月 5 日、Android OS のバージョン別シェアのデータを更新しました。12 月のシェアは(括弧内は前回)は、1 位が Lillipop 34.0%(34.1% ↓)、2 位が Marshmallow 26.3%(24.0% ↑)、3 位が KitKat 24.0%(25.2% ↓)、4 位が Jelly Bean 12.8%(13.7% ↓) 、5 位が Ice Cream Sandwitch と Gingerbread 1.2%、7 位が Nougat 0.4%(0.3% ↑)、8 位は Froyo 0.1%(0.1% →)という結果でした。今回で Marshmallow が KitKat を抜き 2 位に浮上しました。シェアの伸びはまだ 2% 以上を維持しているので、今後数ヶ月間はシェアを伸ばすと思いますが、Nougat の登場によって次第に鈍化していくと予想されます。最新版の Nougat は本日付けで Android 7.1.1 の正式版がリリースされたので、今後は採用機種の発売や既存モデルのアップデートによって今よりももっと高い成長率でシェアを伸ばす予想されます。Source : Google

■関連記事
国内Amazon、押すだけで日用品の注文ができてしまうボタン型端末「Amazon Dash Button」を発売
Galaxy S8はステレオスピーカーを搭載か?
NTTドコモ、「Xperia X Performance SO-04H」のソフトウェアアップデートを開始、11月分のセキュリティパッチを提供

access_time create folderデジタル・IT
local_offer

juggly.cn

国内・海外のAndroid(アンドロイド)スマートフォン・タブレットに関するニュースや情報、AndroidアプリのレビューやWEBサービスの活用、Android端末の紹介などをお届けする個人運営ブログ

ウェブサイト: http://juggly.cn/

TwitterID: juggly

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧