ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ぷよぷよ生みの親レジェンド仁井谷『にょきにょき たびだち編』トークイベント・レポ

そして「今日勝った人をチャンピオンとして、毎月僕の家で決定戦やりたいです。ぜひ来月、今日優勝した人を倒したいという人は松戸のコンパイル○まで挑戦しに来てください」という異例のアットホームさで締めくくった。

禁断の?質問タイム

『にょきにょき』に対して、あるいは今後のコンパイル○に対して質問コーナーが設けられた。

IMG_0352_f

Q「にょきにょきの関連商品のグッズ化予定はありますか?」
A「売れ行き次第だし、今日のポスターがどのくらい売れるかなど、それ次第ですね」(会場笑)「だってグッズいっぱい作っても様子見なきゃいけないから。様子次第かなあ、と思っていますよ。こつこつ、こっそりやりたいと思っています。」

Q「コンパイル○のロゴは緑なのに、(今日は)なんでピンクのスーツなんですか?」(会場笑)
A「イベントってのは派手な服の方がいいから、昔そんな派手な服を着てた、――そんな記憶がよみがえったかも?みたいな。」

IMG_0399_f IMG_0369_f

Q「コンパイルと言えばディスクステーションのイメージがあって、今は仁井谷社長ひとりでゲーム作られてますけど、今後、3DSダウンロード用のソフトをまたミニゲーム集のような形で出すのは」
A「そこは全部お金がかかるんで、今後の売れ行き次第ですね。ある程度公言しておくと、次は“ナントカ物語”を出したいと思ってるんですね。その流れの中で、お金があればグッズもやるだろうし、今おっしゃったような、3DSなのかSwitchなのかわからないけど、やりたいとは思っています。軍資金があったらいろいろやります。なかったらやりませんよ(笑)」

Q「(※編注・株主的な人からの話につき、伏せます)」
A「ここでは公なので言えないかな。僕の家に来たらこっそり言うかもしれません。僕も不思議です。世の中にはそういう不思議があります」(会場爆笑)

Q「シューティング(ゲーム)は作らないんですか?」
A「お金があったら!ですね。(中略)シューティングは会社にとっての“金看板”だと思っていました。会社の看板として1000万でも5000万でも、その価格の看板を出してもいいと考えたら作るかな。基本的に稼げないと思ってるんだけど、やった結果意外とペイするかもしれない。シューティングはそういう考えで、やるならちゃんと作らないといけないと思っている。」

IMG_0362_f

このほかにも、会社拡大に関する質問、『にょきにょき』の火力レートに関する質問など、ファンならではのツッコんだ内容の質問が飛び交った。

『灼熱のファイヤーダンス』熱唱

最後は『ぷよぷよ通』でおなじみの『灼熱のファイヤーダンス』をレジェンド仁井谷が熱唱。何かを辿りながら歌うかのようなレジェンドに合わせて、会場のファンたちも合唱した。

IMG_0447_f

かつてのファンが新作ゲームを携えて集まり、社長が新作ゲームの発表会として地下のレトロゲームショップでかつての作品の曲を熱唱する――10年以上の思いと“今”が交錯する、不思議な空間となった。

盛り上がるツーショットチェキ撮影

最後は『にょきにょき』をダウンロードした人を対象に、チェキ大会が行われた(といっても、来た人ほぼ全員が対象だが)。価格はチェキのフィルム代100円のみなので、実質ファンサービスだ。
一緒に撮ってもらうファンたちはもれなくレジェンド仁井谷氏に言葉をかけ、二人が嬉しそうにファインダーに収まっていた。

IMG_0477_f IMG_0483_f IMG_0492_f

この日を振り返ってみると、非常に幸せなイベントだったといえよう。破天荒だけれども、過去をかみしめながら今を織りなしているレジェンド仁井谷氏。そこには変わらぬファンたちが集まり、“優しい世界”が醸成されていた。

IMG_0499_f IMG_0502_f

2016年11月16日、『にょきにょき たびだち編』は過去をふまえた新たな作品として世に送り出された。同時にそれはコンパイル○、そして仁井谷氏の“たびだち”の道標を皆で確認した日となった。

「のーみそ にょきにょき コンパイル!まる!」新しい掛け声と大きな拍手で、イベントは結びとなった。

IMG_0596_f IMG_0510_f

compile-o | にょきにょき
http://www.compile-o.com/blank-6

取材協力:BEEP 秋葉原店
東京都千代田区外神田3-9-8 中栄ビル 地下1階
http://www.akihabara-beep.com/ [リンク]

追加情報:本イベントはTV TOKYO系列『あの天才のその後…今を追跡してみました(仮)』11月28日(月)と12月5日(月)深夜0時12分~1時(全2回)にて放送される予定です。
(テレビ東京・テレビ北海道・テレビ愛知・TVQ九州放送)

前のページ 1 2 3
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき