ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ゲーミングPC&周辺機器】Razer製品を体験し購入できるショップが秋葉原にオープン「RAZERZONE」を一足お先に覗いてきました

pickup-IMG_1245

ただ、PCは置いてないのか、というとそういうわけではなく、PCも展示してあります。

pickup-IMG_0914

なので存分に実物に触れ、持ち上げて重さを確かめ、1680万色の輝きを確かめたりすることができるわけです。

pickup-IMG_1268

Razer製品のファンのみならず、ゲーミングキーボードやゲーミングマウス、ヘッドセットが気になるんだよね、という方は、ここに実際に来てみて、製品にじかにさわってもらうのがいいと思います。

pickup-IMG_0870

やっぱキーボードやマウスは直に触れてみないと感覚や相性ってのはわかりません。

pickup-IMG_0787

キーボードなんかは、キータッチもさまざま。

特にRazerさんはメカニカルキーボードのみならずメンブレンをベースとしたゲーミングキーボードも開発しています。メカニカルのしっかりしたタッチが好きな人だけではなく、ソフトなキータッチが好みだというユーザーの声に応えたゲーミングキーボード。しかし実際どんな感じなのよ、というのは触ってみないことにはわからないです。

pickup-IMG_1063 pickup-IMG_0634

マウスは常に手にしているわけですし、マウスパッド、ヘッドセットだってそう。自分に最適なゲーミング環境を揃えるには、やっぱり触れてみたいね、という人には最適な空間となってます。

pickup-IMG_0689

もちろん、秋葉原にはゲーミングPCやゲーミングに関する周辺機器を販売するお店は沢山あるわけで、そういった機器が好きな人にとっては新たな立ち寄り場所が増えたってわけです。

pickup-IMG_1175

実際店内入ってみると、かなり広々としていて、ゆったり製品をみてまわることができます。

pickup-IMG_0624

あとですね、機器だけじゃなくて、シャツやジャケット、バックパック、さらにはアイウェアなんかも置いてあります。これも実際、触ってみると、買おうという決心がつきますね。

pickup-IMG_1016

ちなみに一緒に話をききにいったガジェット通信スタッフ、忍野ぺぺは、これまで個人輸入でRazer製品を購入してたほどのRazerファンなので、それを知っていた司会のアールさんから、いじられていました。ぺぺさん、なんか恥ずかしそうにしてたけど、ここはRazer製品に興味がある人が来る場所。そこは全然、堂々としてていいんじゃないかな!

pickup-IMG_1037

「RAZERZONE」
2016年11月19日(土)朝10時オープン予定
場所:秋葉原 TSUKUMO eX. B1 RAZERZONE
東京都千代田区外神田4-4-1

pickup-IMG_1154 pickup-IMG_0714 pickup-IMG_1320

(ガジェット通信ゲーミングデバイス研究室)

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信』

前のページ 1 2
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy