画期的な吸音材『Aural Sonic』

access_time create folder生活・趣味

画期的な吸音材『Aural Sonic』が『国際放送機器展 2011』で公開されました。片岡裕教授が開発した技術です。

従来は、吸音を行うには、厚さが必要でした。しかし、この『Aural Sonic』は音を左右に逃がす構造です。このため面積を厚みに代えることができます。
例えば1メートルの正方形だと、中央部では50cmの厚みに相当します。50cmの厚さのものを部屋に設置するのは難しいですが、4cmの厚さのものであれば威圧感なしに設置できます。

吸音性能については以下の動画をご覧いただければその凄さを理解できると思います。



「Aural sonic 軽量で薄い吸音材 Thin&lightweight absorption」『YouTube』(http://youtu.be/-qHinlm0wF0)

想定される利用方法

この吸音材は防音と言うより、部屋の音質改善を行うための材料です。例えば六畳間に良いオーディオシステムを導入しても六畳間の音しか従来は再生されませんでした。しかし、この『Aural Sonic』を壁に貼りつければ、音響的にはもっと広い部屋と同じ条件になります。
従来は、高級オーディオやホームシアターはそれなりの広さが必要でしたが、この素材により狭い部屋でも十分活かすことができます。

余談ですが、この展示ブースの壁は見本市にありがちなパーテーションで、隣に用意された未処理の部屋では会話の音がキンキン響いて不快な感じでしたが、『Aural Sonic』が貼りつけられているブースはしっかりとした部屋という印象を受けました。

オーディオルーム、シアタールームなどの音楽鑑賞用の部屋はもちろん、質の良い会議室の音響改善、簡易的なレコーディングスタジオなど全ての音を改善する素晴らしい技術です。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「じへい」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?
普段は動画を使ってガジェットや食品のレビューを行なっています。 人が思いつかない切り口でレビューや紹介を行なっています。 ネタ探しのために自己資金を使って出張取材も最近は多いです。

access_time create folder生活・趣味
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧