ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高松のおすすめ観光スポット54選

高松のおすすめ観光スポット54選

皆さんは、香川県の高松市を訪れたことはありますか?四国の玄関口として知られている香川県。その県庁所在地である高松市には、多くの魅力的なスポットがあります。

以前からうどんの本場として有名でしたが、近年では瀬戸内芸術際などの影響もあり、色々な場所でアート作品に触れることができるのも魅力の一つとなってきています。今回は、そんな高松市に旅行へ際に、必ず訪れたい観光スポットをご紹介いたします。

 

*編集部追記
2016年9月の記事に新たに3選追記しました。(2017/12/27)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方は[email protected]までご連絡ください。

 

高松に行ってみての感想

photo by pixta

私は実は以前高松に住んでいたのですが、高松は街が程よい規模の大きさで、必要なものは一通り揃っており、非常に住みやすい場所だと感じました。アートスポットやおしゃれなカフェもあり、おいしいレストランや居酒屋もたくさんあります。

うどんが有名な香川県ですが、想像通りおいしいうどん屋さんが多く、値段も安かったので、よくお昼にはうどんを食べに行っていました。うどんは朝から昼にかけて食べるもので、夜はあまり食べないそうです。人気のあるお店は売り切れも早いそう!

 

国外からの観光客も多く、直島や豊島などは特に人気の観光地でした。人も優しく穏やかで、とても話しやすい印象を受けました。グルメ、アート、自然、温泉など、いろいろな楽しみ方がある高松。観光地としても非常におすすめです!

 

おすすめのベストスポット

ラグスタイル北浜創庫店さん(@rag_style_kitahama)がシェアした投稿 – 2017 10月 5 7:23午前 PDT

私がおすすめするベストスポットは、おしゃれなカフェやブックショップなどが集まっている北浜alleyです。元は倉庫街だった場所だそうですが、現在は建物がリノベーションされ、レトロでおしゃれな雰囲気が漂っています。

高松でも特に人気の高いカフェ・umieもあり、週末になると県外からも観光客が訪れます。ライブイベントや古本市なども行われているので、北浜alleyに行く予定のある方は、まずはウェブサイトでイベント予定をチェックしてみるのがおすすめです。

*編集部追記(2017/12/27)
以下、観光スポットの一覧となっています。

 

栗林公園

pixta_18354676_M

photo by pixta

国の特別名勝に指定された四国を代表する名園で、ミシュラン・グリーン・ガイドで三ツ星を獲得したこともあり、国内外を問わず数多くの観光客が訪れています。四季折々、様々な表情を見せる美しい庭園は、一見の価値あり!
■詳細情報
・名称:栗林公園
・住所:香川県高松市栗林公園1-20-16
・アクセス:JR栗林公園北口駅下車徒歩3分
・マップ:
・営業時間:日の出~日没
・電話番号:087-833-7411(栗林公園観光事務所)
・料金:大人410円 小人170円
・公式サイトURL:http://ritsuringarden.jp/jp/

 

讃岐民芸館(栗林公園)

@_.scene._がシェアした投稿 – 2月 5, 2017 at 4:09午前 PST

栗林公園内にある「讃岐民芸館」は、讃岐の民芸品や家具、瓦など約3900点を収蔵している博物館です。世界的にも有名なアメリカの家具デザイナー「ジョージ・ナカシマ」のテーブルや椅子を展示しているコーナーもあるとのこと。

栗林公園に行った際は、是非足を運んでみてください。
■詳細情報
・名称:讃岐民芸館
・住所:香川県高松市栗林公園1-20-16 栗林公園内
・アクセス:JR栗林公園北口駅下車徒歩3分
・マップ:
・営業時間:8:30~ 17:00
・定休日: 月、火曜日(祝日の場合は翌日) 12月29日~1月1日
・電話番号:087-833-7411(栗林公園観光事務所)
・料金:入館無料 (栗林公園入園料別途)
・公式サイトURL:http://ritsuringarden.jp/jp/

 

サンポート高松

pixta_22094535_M
1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。