体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

秋に行きたい【愛媛】おすすめ観光スポット19選!定番から穴場まで

170913_愛媛メイン

連休が続く秋は旅行にピッタリの季節!

9~11月と毎月3連休があるから、気軽に出かけられる国内がおすすめです。

日本三古湯の一つに数えられる道後温泉のほか、モダンレトロな萬翠荘をはじめとする豊富に残る歴史遺産など人気の観光スポットが多数。愛媛に伝わる伊予かすりの体験施設や伯方の塩の工場見学も!

天高く馬肥ゆる秋まっただ中、おもいっきり愛媛を楽しもう!

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

萬翠荘庭園

萬翠荘庭園出典:じゃらん 観光ガイド 萬翠荘庭園

城山山麓にあるフランス式建物にある庭園

\口コミ ピックアップ/

ポーチ周辺には、主景木としてソテツが植えられていて、本館正面の左右にはヒマラヤスギが植えられていました。他にも多種多様な木々がたくさん植えられていました。手入れが大変かと感じました。

(行った時期:2015年6月) 萬翠荘庭園

住所/愛媛県松山市一番町3丁目3-7

「萬翠荘庭園」の詳細はこちら

萬翠荘

170913_萬翠荘出典:じゃらん 観光ガイド 萬翠荘

大正11年に旧松山藩主、久松邸の別宅として建てられたフランス風の洋館。現在は、愛媛県立美術館の別館として郷土の芸術家の展示室になっている。マントルピースやハワイ特注のステンドグラスなど建物自体美術価値がある。

\口コミ ピックアップ/

大正時代に建てられた建物だそうで、歴史を感じさせる洋風の建造物はオシャレな雰囲気でたくさんの観光客が訪れていました。

(行った時期:2016年8月) 萬翠荘

住所/愛媛県松山市一番町3丁目3-7

「萬翠荘」の詳細はこちら

労研饅頭たけうち本店

労研饅頭たけうち本店出典:じゃらん 観光ガイド 労研饅頭たけうち本店

松山における労研饅頭は1931年、夜学生の学資を調達するための事業として始まったという。パンにも似た饅頭は、ほのかな甘みと独特な柔らかさが身上。誰もが懐かしさを覚える素朴な風味の秘密は、創業以来受け継がれている天然酵母で生地を発酵させていることにある。保存料を一切使わない自然派食品だ。

ほのかに甘い蒸し饅頭は松山市民の思い出の味

\口コミ ピックアップ/

80年ほど前に夜学生の学資調達のために作ったのがはじまりという伝統のお饅頭屋さんです。天然酵母で発酵させた生地を使ったお饅頭は、素朴な味わいで非常に美味しかったです。

(行った時期:2017年8月) 労研饅頭たけうち本店

住所/愛媛県松山市勝山町2-12-10

「労研饅頭たけうち本店」の詳細はこちら

梨狩り

梨狩り出典:じゃらん 観光ガイド 梨狩り

\口コミ ピックアップ/

おなか空かせてください、お腹いっぱいになりました。甘くて美味しかったです。また、食べたいです。楽しかった、うまい。

(行った時期:2016年10月) 梨狩り

住所/愛媛県喜多郡内子町五百木

「梨狩り」の詳細はこちら

来島海峡の潮流

170913_来島海峡の潮流出典:じゃらん 観光ガイド 来島海峡の潮流

今治と大島のせまい海峡の島や岩礁の間を,時速18km落差2mの潮流が大渦を巻いて流れるさまは壮観。

\口コミ ピックアップ/

天気が良い日は是非、潮流体験を申し込んでください!フェリーの船頭さんは地元の方で、乗船前に交流しておくと、一層楽しめます。フェリーの運行時間は前日くらいに確認すると、良いかと思います。 隣接している海鮮焼きを食せる食堂は、営業が16時までなので14時の回に乗船すれば間に合います。 今回は15時に乗船したので、食堂には行けず残念でした。 フェリーだけでも、十分に潮風と潮流を楽しめる有意義な40分です。

(行った時期:2017年5月) 来島海峡の潮流

住所/愛媛県今治市砂場町2丁目8

「来島海峡の潮流」の詳細はこちら

野間馬ハイランド

野間馬ハイランド出典:じゃらん 観光ガイド 野間馬ハイランド

日本でいちばん小さな在来馬、野間馬と身近にふれあえる。広々とした丘陵には、野間馬たちが自由にかけまわる放牧場や厩舎・こどもひろば・小動物ふれあい広場などがある。乗馬コースもあり、子供達に人気。

\口コミ ピックアップ/

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。