体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

秋に行きたい【山口】おすすめ観光スポット20選!定番から穴場まで

秋に行きたい【山口】おすすめ観光スポット20選!定番から穴場まで 170913_山口メイン

連休が続く秋は旅行にピッタリの季節!

9~11月と毎月3連休があるから、気軽に出かけられる国内がおすすめです。

自然が作り出した絶景や、壇ノ浦や巌流島、松陰神社など歴史ロマン好きにはたまらないスポットが多数。下関名産ふぐなど海産物がその場で食べられる唐戸市場、山賊焼や瓦そばなどご当地グルメスポットもピックアップ。

天高く馬肥ゆる秋まっただ中、おもいっきり山口を楽しもう!

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

唐戸市場

唐戸市場出典:じゃらん 観光ガイド 唐戸市場

ふく汁やふくの握りなど色々選んで食べれるのが楽しい。市場の雰囲気も楽しめる。実際のセリの様子も見学できます。金・土・日・祝日には露店がでます(じゃらん現地スタッフの耳より情報)

\口コミ ピックアップ/

寿司のバイキングというのは、ふぐやノドグロやマグロやあなごやうになど多くの寿司を一貫づつ販売していて、パックを渡され自分で好きな寿司を好きなだけ入れ精算するシステムで楽しく、かつ、寿司は美味しかったです。

(行った時期:2017年8月) 唐戸市場

住所/山口県下関市唐戸町5-50

「唐戸市場」の詳細はこちら

いろり山賊

いろり山賊出典:じゃらん 観光ガイド いろり山賊

\口コミ ピックアップ/

小さい頃から年に2回行っていますが、

今回も平日にも関わらず待ち時間は2時間、、、。

でも、店員さんは気さくな方が多い。

注文するのは、山賊焼き、むすび、餃子、うどんが定番です。

(行った時期:2017年8月24日) いろり山賊

住所/山口県玖珂郡玖珂町一の迫1380-1

「いろり山賊」の詳細はこちら

瓦そばたかせ

瓦そばたかせ出典:じゃらん 観光ガイド 瓦そばたかせ

\口コミ ピックアップ/

角島から下関に帰るときによりました。海岸沿いを曲がって5分くらいでつきます。そばとレモン薬味、そして牛肉どれをたべてもそばつゆとあって初めて食べる味のおいしさにびっくり!見た目とのギャップがいい。焼きそばでもざるそばでもなく香ばしい香りとレモンの酸味、そばつゆの甘み本当においしかった!うな飯もぜひたべてください。お茶づけにしてもそのままたべてもおいしかったですよ。

(行った時期:2017年8月) 瓦そばたかせ

住所/山口県豊浦郡豊浦町川棚5437

「瓦そばたかせ」の詳細はこちら

角島大橋

角島大橋出典:じゃらん 観光ガイド 角島大橋

7年間の着工を経て、総工費149億円をかけて2000年11月3日に開通した、山口県下関市と豊北町角島間の海士ヶ瀬戸に架かる角島大橋。

離島に架かる橋のうち、無料で渡れる一般道路として日本屈指の長さ(1,780m)を誇り(2005年に沖縄県の古宇利大橋が記録更新)、

また、橋脚の高さを押さえて、周囲の景観に配慮した構造が自然景観保護の観点から評価され、2003年に「土木学会デザイン賞2003」の優秀賞を受賞しました。

エメラルドグリーンの海をまたぎ、景観と調和した雄姿は、西長門海岸地域随一の景勝地として、山口県の新たな観光スポットに。

現在では数多くのテレビCMやロケ地として採用されています。

\口コミ ピックアップ/

海が、とても綺麗で、橋を渡ると、角島灯台やキャンプ場が、あり地元角島産のサザエやイカなどが、味わえます。ドライブするには、本当に良いところです

(行った時期:2017年8月28日) 角島大橋

住所/山口県下関市豊北町大字神田~角島

「角島大橋」の詳細はこちら

下関市立しものせき水族館・海響館

下関市立しものせき水族館・海響館出典:じゃらん 観光ガイド 下関市立しものせき水族館・海響館

総水量2,400トン、65の水槽に魚など500種20,000点の水族たちが展示されている。関門海峡を再現した瀬戸内海水槽はトンネル状で海底散策気分が味わえる。日本唯一のシロナガスクジラの全身骨格標本や、世界のフグ100種類以上など下関らしい展示も特徴。目の前に関門海峡が広がるアクアシアターでは、イルカとアシカの共演によるパフォーマンスが開催される。イルカの水槽を眺めながらイタリア料理が楽しめるレストラン・デルフィーノもある。

\口コミ ピックアップ/

ペンギンのトンネルが珍しい。真下からペンギンが泳ぐ姿が見れます。夏休み期間中には夜も開館していて、お昼に行くよりお安く入館できオススメです♪大晦日にはカウントダウンイベントもあり、水族館として楽しみつつ年越しできていつもと違った感覚で楽しめます。

1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。