映画『シン・ゴジラ』、映画『君の名は。』が東宝の収益を大幅に押し上げる

access_time create folderエンタメ 映画
your-name-5

日本の大手映画配給・興行会社の東宝は、2016年度の業績予想を修正し、最終利益が対前年比28%増収の330億円になると発表した。

当初の予想では14%減収の見込みだった。東宝の2016年度の決算は2017年2月である。

上方修正の大きな理由は2つ。8月31日の公開からわずか52日で興行収入150億円に達した新海誠監督のヒットアニメ映画『君の名は。』と、7200万ドルの興行収入を記録する見込みの映画『シン・ゴジラ』によるものである。

東宝の常務取締役の浦井敏之は「新海監督の『君の名は。』がここまで大きくなるとは予想できなかった」と述べた。

access_time create folderエンタメ 映画
local_offer

Variety Japan

110年間、映画、テレビ、音楽、演劇、デジタルメディアなどを 強力にサポートしてきたメディア「Variety」の日本語版

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧