ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【絶対喜ばれる!埼玉県の人気お土産12選】地元民ランキング&編集部おすすめを集めました

十万石まんじゅう

お土産選びは旅の大きな楽しみのひとつ。自分が気に入ったものを買えばいいけど、やっぱりハズしたくない…、そんな旅人のために『じゃらん編集部』がオススメする「ご当地の美味しいお土産」を地元民に大調査。

東京のベッドタウン埼玉県には、自然豊かな秩父・長瀞、蔵の街並みが美しい川越など見どころがいっぱい。お土産ランキングの顔ぶれは、宿場町の歴史に由来する郷土菓子、地元の菓子店が創意工夫を凝らす和洋のスイーツと、甘いもの辛いもの、さらに新旧取り混ぜたお菓子尽くしの結果となりました。

その他にも、定番から人気商品まで揃えたイチオシお土産情報もお届け!

記事配信:じゃらんニュース

■目次

地元民の声を集めた「お土産ランキング」はこちら

定番から人気商品まで揃えたイチオシお土産情報はこちら

~地元民オススメ!お土産ランキング~

【1位】十万石まんじゅう

十万石まんじゅう 十万石まんじゅう

厳選した国産つくね芋と新潟県産コシヒカリの粉を使った薯蕷(じょうよ)皮と、北海道十勝産小豆を自家炊きしたこしあんをあわせた薯蕷饅頭。ほんのり山芋の香りがする皮と甘さ控えめのこしあんのバランスが絶妙。「『うまい!うますぎる!』のCMとともに教えたい」とのコメントにもあるように、地元ではCMとともに親しまれている定番のお菓子で、堂々の1位となった。 価格:1,344円(10個)

販売元:十万石ふくさや

【2位】草加せんべい

草加せんべい

江戸時代、日光街道の草加宿で売り出されたのが発祥と言われているうるち米で作ったお煎餅。堅めでぱりっとした食感が特徴で万人受けする美味しさと地名が入っているご当地感が、お土産としての支持を得た。明治34年創業の志免屋では、厳選された国内産飯米を使い、伝統製法で草加せんべいを焼き続けている。定番のしょうゆ味の他、ざらめ、青のりなど風味も多彩。 価格:特選堅焼き360円(6枚)

販売元:志免屋

【3位】彩果の宝石

彩果の宝石 彩果の宝石

フルーツと上質な砂糖を素材に作られたゼリー。「ジューシーで果実の味が濃厚」「果物の味がすごくする」とのコメントにもあるように、旨味が豊富な果汁と果肉を厳選しており、フルーツ本来の風味を楽しめる。果物をかたどった形や色は「宝石」とのネーミングも納得の美しさで「色・形が可愛く誰に送っても喜ばれる」と評判だ。 価格:苺缶1,080円(フルーツゼリー15種類22個、花ゼリー1個)

販売元:彩果の宝石

【3位】五家宝

五家宝 五家宝

もち米をサクッと軽いあられにして水あめ等で固めたおこしをきな粉の甘い生地で包み、表面にきな粉をまぶした和菓子。埼玉県熊谷市で江戸時代に売り出されたとも言われる歴史あるお菓子で、以来熊谷銘菓として知られている。きな粉の香ばしい香りと独特の食感が「昔からの味で美味しい」「素朴な味」と、地元で親しまれているコメントが多く集まった。 価格:1,096円(8個)

販売元:梅林堂

【5位】福蔵

福蔵 福蔵

北海道十勝平野産の小豆をふっくらと炊き込んだつぶ餡に、新潟県産のこがね餅を入れ、芳ばしく焼き上げた最中皮で包んだ和菓子。販売開始から40年以上、年間350万個を売り上げるロングセラー菓子で「最中の中にもち入りで食べごたえがある」「最中のパリパリ感と餅のもちもち感が絶妙」など美味しさにこだわって作られた完成度の高さを称える声が集まった。 価格:760円(5個)

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy