ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あなたの写真がプロっぽくなる「20のテクニック」

写真には「鉄則」ともいうべき、いくつかの構図のルールがあります。簡単にできる、とは言いませんが、少し意識するだけでプロのような写真に近づけるかもしれません。

解説しているのは、アイルランドのダブリンで活動する写真家、バリー・O・キャロルさん。旅先での感動が思うように記録できず、ずっと悲しい思いをしてきたあなたにこそ読んで欲しい20のティップスです。

01.
三分割の法則

まずはもっとも基本的な三分割の法則を紹介しましょう。

フレームの中を縦横に三分割し、9つのブロックをイメージしてください。多くのカメラに、このグリッドを表示する機能がついています。被写体をこのグリッドに沿って配置することで、とてもバランスのいい構図の写真を撮ることができるというわけです。

上の写真は、下1/3のラインに水平線を合わせ、右1/3のラインに一番大きな樹を合わせて配置しています。もし水平線や一番大きい樹がフレームの真ん中に配置されていたら、バランスが悪く感じるかも。

この写真はプラハの旧市街広場です。上1/3に地平線を配置し、建物のほとんどを中央の段に集めています。また、ひときわ高い教会の尖塔を、右1/3のラインへ。

02.
シンメトリーの法則

先の三分割の法則とは正反対の話になりますが、被写体をうまく画面の中央に配置することで、とても美しくなることがあります。

上はダブリンの橋ですが、こういった建築物や道路など、左右対称の被写体を中心に配置する方法があります。

こちらの写真は「三分割の法則」と「上下対象の法則」をミックス。湖の水面を真ん中に配置し、樹を右1/3に配置。湖や鏡などで反射した被写体をうまくつかっています。

03.
奥行きを活かす

手前に小さな被写体を配置することで自然と写真に奥行きを感じられるようになります。

上の写真はオランダの滝。手前の岩を使って滝に奥行きをもたせています。この構図はとくに、広角レンズで撮影すると効果的です。

こちらはダブリンの港。これも手前のクリートをフレームに収めることで、対岸の建物や奥の橋までの距離感を演出しています。

04.
フレームの中に
フレームを

他にも奥行きを表現する手法として、フレームの中にもうひとつフレームをつくる方法があります。たとえば、窓や長い木の枝、橋などを利用します。

こちらはヴェネツィアのサン・マルコ広場です。このようにアーチをうまくフレームに見立てて利用することで、写真に奥行きを持たせることができます。この手法はルネサンス時代の絵画でもよく見られます。

これはアイルランドのキルデア州。長く張り出した木の枝をうまくフレームにつかい、湖やボートハウスとの奥行きを表現しています。このように、完全に四方を囲んでいなくても、フレーム効果を活かすことができます。

05.
ラインを強調する

建物や道、模様などを効果的に使って、被写体を強調する方法があります。

パリのエッフェル塔を写したこちらの写真では、地面に描かれた模様の線が、対象に向かって集中していくように配置されています。

1 2 3 4次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。