ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パックンが見る米大統領選「トランプは不死身」

パックンが見る米大統領選「トランプは不死身」
J-WAVE平日20時からの番組「JAM THE WORLD」(水曜担当ナビゲーター:安田菜津紀)のワンコーナー「BREAKTHROUGH!」。9月28日のオンエアでは、パックンこと、パトリック・ハーランさんとアメリカ大統領選を考えました。

有権者の半数が投票の参考にすると答えているアメリカ大統領選の最大の山場、テレビ討論会。その1回目が先日行われ、民主党のヒラリー・クリントン候補と共和党のドナルド・トランプ候補の初めての直接対決が、98分に渡って交わされました。

そもそも日本と違い、アメリカでは国民が直接大統領を選ぶため、大統領選への関心度がとても高いそうです。そのためテレビ討論会は、国民にとって、誰に投票するかを見極める重要なコンテンツです。とくに今回は、過去最高の8,400万人が視聴したということもあり、いかに注目されているかがわかります。

また各候補にとっても、今までのインタビューやスピーチと違い、相手からの攻撃を受けながら、自分の持っている知識や理念を披露しなくてはならない場。即興で受け答えする力が試され、このテレビ討論会で国民に良い印象を与えられるかどうかが、大統領選のポイントになってきます。

さて、パトリックさんは『大統領の演説』という本を発表するほど、歴代の大統領選に詳しい人物です。そんなパトリックさんによると「大統領選の勝敗を見極めたいときは(テレビ討論会を)音を消して見ろ」と言われるくらい、“印象”が大事になってくるのがテレビ討論会だそうです。

では、日本国民の関心も高い今回の大統領選。パトリックさんはテレビ討論会をどう見たのでしょうか?

「クリントンは病気の不安もあったと思うのですが、メイクも服装も元気そうな印象でした。冷静に考えると、彼女の圧勝でしたね。トランプの発言は、具体性に欠けるし話があちこち飛んでいて、理路整然と喋っていないんですよね。

なので、クリントンの圧勝かと思うんですが…今回はちょっと特別な大統領選でして、何があってもトランプは沈んでいかないんです。今まで、差別発言や問題発言があったのに“不死身”なのがトランプなんです」(パトリックさん)

そもそもトランプ候補は、テレビスターとしてアメリカ国民の支持を得ているため、政治理念というよりも人柄が好かれているという背景があります。また、問題発言を繰り返すことによって、メディアに取り上げられ、露出が増えているのも、トランプ候補を後押ししているそうです。

パトリックさんが「7.5対2.5でクリントンが制すると見ていますが、まだまだわからない」と話す、一筋縄ではいきそうにない今回のアメリカ大統領選。テレビ討論会は残すところあと2回。一体、どんな結末を迎えるのか、見守っていきたいところです。

【関連サイト】
「JAM THE WORLD」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/jamtheworld/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。