ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

絶対また来ると誓った。仕事をがんばりたくなるハワイ、ラナイ島

いい仕事をするためにハワイへ行く――。

前回ご紹介したのは、海も山も食も全方位で心を解き放ってくれるマウイ島

今回は、またがんばろう、がんばりたい! と自然に思える場所・ラナイ島をご紹介します。

島の98パーセントを買ったラリー・エリソン

20160929_lanai_02.jpgラナイ島を有名にしたのは、オラクルの元CEO、ラリー・エリソン。

島の約98パーセントを買い、ラナイ島にあるホテル「フォーシーズンズ リゾート ラナイ」のオーナーでもある人。

エリソンがこの島を買ったのは、手つかずの自然に魅了されたから。そして、その自然をそのまま残したいと思ったからだそう。

そんなエリソンの思い通り、いまも島の自然はそのまま残されていました。

失業者ゼロ、ホームレスゼロのピースフルな島

20160929_lanai_04.jpgエリソンが島の大半を買い取った、と聞いて気になっていたのが、そこに住む人たちの気持ち。

ハワイ諸島のなかで、人口が約3,100人ともっとも少ないラナイ島。

20160929_lanai_23.jpg実際、住んでいる人に話を聞いてみると、

「とても安心できる島だよ。犯罪がゼロだから留置所があっても入る人がいないんだ」

「家の鍵はかけたことがない。泥棒なんていないから」

「失業者ゼロで、ホームレスもいない。すごく平和なんだ」

「ラリー・エリソンのことはみんな大好きだよ。気さくで本当にいい人だし、島のことをよく考えてくれている」

と好意的な意見ばかり。自分の住む土地が誰かに買われたら、少し恐れてしまいそうという、先入観が一気に打ち砕かれました。

プライベートが守られた大人のリゾート

ピースフルな気持ちがあふれているラナイ島。

ステイ先は、エリソンがオーナーの「フォーシーズンズ リゾート ラナイ」へ。そもそもラナイ島にはホテルが3つしかないので、選択肢は限られています。

20160929_lanai_05.jpg20160929_lanai_06.jpg「フォーシーズンズ リゾート ラナイ」は、大人のリゾートそのもの。扉がなくオープンなエントランス。そこをくぐると高い天井の吹き抜けがあるロビー。 20160929_lanai_09.jpg20160929_lanai_08.jpgその先に広がるのは、プールと海。客室のどの部屋からも見える海は、全米ベストビーチとして知られるプロポエ湾。島をおおう赤土とビーチの白と海の青のコントラストは、ほかでは見ることができない絶景です。 20160929_lanai_10.jpgホテルから直結しているビーチは、宿泊者専用なので、ほとんどプライベートビーチ状態。 20160929_lanai_11.jpg2016099_lanai_12.jpgホテルのなかも、ハワイを感じさせてくれる花やグリーンがたくさん。リゾート気分を盛り上げてくれます。 20160929_lanai_13.jpg20160929_lanai_14.jpgそして、ホテルのいたるところで見られたオリエンタルなインテリアたち。桐でできたタンスや池を泳ぐ鯉。日本らしい雰囲気がより一層リラックスさせてくれます。
1 2次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。