ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

おしゃれで快適、立地も抜群!ホーチミンの「定宿」にしたいホテル、見つけた

ヘルシーでおいしいベトナム料理に、フランスのエスプリとアジアンテイストが絶妙にミックスしたファッション雑貨。魅力たっぷりのベトナムに魅了され、「毎月でも通いたい!」という人も多いのではないでしょうか。

おしゃれで快適、立地も抜群!ホーチミンの「定宿」にしたいホテル、見つけた
(C) Hotel des Arts Saigon M Gallery by sofitel

ベトナムは、ラグジュアリーなホテルも比較的リーズナブルな価格で泊まることができるのも魅力。筆者もベトナムに訪れるたびに、「今度はどのホテルに泊まろうか」と思いを巡らせてきました。

おしゃれで快適、立地も抜群!ホーチミンの「定宿」にしたいホテル、見つけた
(C) kelly

しかし、ついに、とびきりのお気に入りを見つけてしまいました。2015年10月にオープンした、「ホテル・デ・ザール・サイゴン・Mギャラリー by ソフィテル」(Hotel des Arts Saigon M Gallery by sofitel)」(以下、Mギャラリー・サイゴン)です。

コロニアルとモダンが融合したエレガントな空間

おしゃれで快適、立地も抜群!ホーチミンの「定宿」にしたいホテル、見つけた
(C) Hotel des Arts Saigon M Gallery by sofitel

こちらがイケてるポイントは、まずと~ってもエレガントだということ。パブリックスペースも、客室もコロニアルとモダンが絶妙に混ざり合い(モダンコロニアルというやつですね)、ホーチミンという街そのものを体現したかのようです。

■あわせて読みたい
「狂ったディズニーランド」の異名を取るベトナムのスイティエンパーク

「狂ったディズニーランド」の異名を取るベトナムのスイティエンパーク


世界遺産の古都、ベトナムのホイアンで時間旅行を楽しむ
http://tabizine.jp/2016/06/07/74716/

もともと「Mギャラリー by ソフィテル」というのは、エレガントさと、その土地ならではのテイストにこだわった、フランス系ホテルアコーグループのホテルブランド。つまり、ローカル感としゃれおつ感のいいところ取りができちゃうというわけ。

窓から入る自然光が心地いい!

おしゃれで快適、立地も抜群!ホーチミンの「定宿」にしたいホテル、見つけた
(C) kelly

床から天井まで届く大きな窓からたっぷりと光の入る客室は開放感抜群。猫足のバスタブに心ときめく女性も多いのではないでしょうか。フランス系のホテルとあって、客室に用意されていたスイーツも美味でした! 細かい点ですが、ウォシュレット完備というのも日本人にはポイントが高いはず。

おしゃれで快適、立地も抜群!ホーチミンの「定宿」にしたいホテル、見つけた
(C) Hotel des Arts Saigon M Gallery by sofitel

また、パブリックスペースには、随所にアート作品が。こちらは、オーナーのコレクションなのだそう。

おしゃれで快適、立地も抜群!ホーチミンの「定宿」にしたいホテル、見つけた
(C) Hotel des Arts Saigon M Gallery by sofitel

ホテルにいながらギャラリーをはしごしているかのような高揚感が味わえます。ちなみに、白タイルの細長いビルは角がアールになった独特の外観も目をひきます。

ホーチミン随一の繁華街まで徒歩圏内

おしゃれで快適、立地も抜群!ホーチミンの「定宿」にしたいホテル、見つけた
(C) kelly

ホテル選びの大きなポイントとなる、立地条件も秀逸。サイゴン大聖堂までは、約300メートル。統一会堂や戦争証跡博物館まで約600メートル。ホーチミン随一のショッピングエリア、ドンコイ通りにも徒歩10分強で到着できます。

おしゃれで快適、立地も抜群!ホーチミンの「定宿」にしたいホテル、見つけた
(C) kelly

荷物が増えたらホテルに荷物を置きに行く、なんてことも自由自在。・・・買い物をし過ぎてしまいそうで危険ですね。

■あわせて読みたい
「狂ったディズニーランド」の異名を取るベトナムのスイティエンパーク

「狂ったディズニーランド」の異名を取るベトナムのスイティエンパーク


世界遺産の古都、ベトナムのホイアンで時間旅行を楽しむ
http://tabizine.jp/2016/06/07/74716/

ホーチミンのおしゃれ人が集結するルーフトップバー

おしゃれで快適、立地も抜群!ホーチミンの「定宿」にしたいホテル、見つけた
(C) Hotel des Arts Saigon M Gallery by sofitel

最上階(24階)には、ホーチミンで一番高い場所に位置するインフィニティプール(ホーチミンではルーフトップのインフィニティプールは希少な存在なんです)と、ルーフトップバーが! こちらのルーフトップバーは、感度の高い人々が集う、ホーチミンの最旬スポットのひとつ。

おしゃれで快適、立地も抜群!ホーチミンの「定宿」にしたいホテル、見つけた
(C) kelly

夕暮れ時になると、市内を一望できるバーに、地元の人、観光客などしゃれおつな人々が集まってきます。そんな様子を見ているのもまた楽し!

おしゃれで快適、立地も抜群!ホーチミンの「定宿」にしたいホテル、見つけた
(C) kelly

街を散策してホテルに戻り、シャワーやプールで汗を流したら、夕食に繰り出す前に、ホーチミンの街並みを眼下に1杯、そんなうっとりとした時間を過ごしてみては? DJが入る遅い時間も盛り上がります。

おしゃれで快適、立地も抜群!ホーチミンの「定宿」にしたいホテル、見つけた
(C)Hotel des Arts Saigon M Gallery by sofitel

快適で、おしゃれなステイが楽しめながらもお値段は比較的リーズナブル。そして、どこに行くにも便利な立地。欲張りな女性の旅にとっておきのホテルです。

[ホテル・デ・ザール・サイゴン・Mギャラリー by ソフィテル]

■あわせて読みたい
【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第6回「東洋のパリ・ホーチミンでごほうび旅」

【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第6回「東洋のパリ・ホーチミンでごほうび旅」


ベトナムの「ホンコンカイテキホテル」が本当に快適すぎる
http://tabizine.jp/2015/07/27/41243/

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき