ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大猫なのにカールスが隠れ家に籠るワケ

カールス09007

カールス

営業時間の殆どを天井近くの隠れ家に籠り過ごすカールス。お客様はカールスを人嫌いだと思っているかもしれません。でも実はとても人懐っこい猫ちゃんなのです。

隠れ家に籠るワケ

お膝大好きカールス5804

カールスは子猫の時、お客様のお膝が大好きでよく乗っていました。開業1ヶ月後の初のTV取材では、女性リポーターがベンチに腰かけた途端、お膝にスルリと自ら乗りに行ったときは感動モノでした。
外からカールスに威嚇するマンタ2230

ボス猫マンタ

カールスは、ボス猫マンタと同様、オープンメンバーです

当時、内装費用が大幅に膨れ上がり、初対面のペットショップの社長に無理を承知で2匹分の予算で8匹を依頼した中の1匹でした。そんな事情だったので後から考えるとみんな訳ありの猫ばかりのはずで、行き場が限られた彼らを救ったことになったのかもしれません。いや、本当に救われたのは私なのですが...。当時は、11年ぶりに猫を飼うことに戸惑いを感じながらも、ただみんな可愛いなぁという思いしかありませんでした。

子猫のカールスIMGP0505

カールスは子猫の時は痩せてましたが、徐々に大きくなって体重が7.5㎏になり、何とか6.5kgに減量したものの、当店で一番大きな猫です。ボス猫のマンタも7.2kgまで迫りましたが、同じく減量し今は5.5㎏でカールスより一回り小さいサイズです。

開業から1〜2年間ぐらいは子猫同士マンタも含め みんな仲良くじゃれ合い、そのうちマンタがボス猫として頭角を現しました。カールスはボス争いには参加しませんでしたが、自分より大きくなっていくカールスに対し、徐々に目障りになっていったようで、カールスが部屋のまん中でまったりしていたり、お客様のお膝でくつろいでいる姿は、マンタにとって許されない光景になりました。そんなカールスを部屋の外から睨みつけ、しっぽをピクッ!ピクッ!とイライラと揺らしたり威嚇します。

カールスを威嚇するマンタ9140 追い詰められて動けないカールス9135

The post 大猫なのにカールスが隠れ家に籠るワケ appeared first on にゃんこマガジン.

にゃんこマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy