体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【岐阜】秋に家族旅行で行きたい!おすすめ観光スポット18選!

【岐阜】秋に家族旅行で行きたい!おすすめ観光スポット18選! 岐阜メイン

岐阜は日本の原風景を感じさせる世界遺産白川郷合掌造り集落や下呂温泉合掌村などの観光スポットが数多く存在します。

自然豊かな飛騨大鍾乳洞、養老の滝は心を満たしてくれます。

さらに奥飛騨クマ牧場や国営木曽三川公園・木曽三川公園センターはお子様に人気のスポット!

秋の岐阜は家族旅行におすすめです!

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

世界遺産白川郷合掌造り集落

世界遺産白川郷合掌造り集落出典:じゃらん 観光ガイド 世界遺産白川郷合掌造り集落

合掌造りの建物が最も多く残る地域で、大小あわせて現在100棟余りある。合掌集落の規模としては全国で最大で、国の伝統的建造物群保存地区に選定されている。平成7年12月世界遺産に登録され、本年20周年を迎えます。今も実生活の場として使われているところに価値があり、それが他地域の合掌民家集落と違うところである。白山山麓の自然を背景とした集落の景観は、俗界と切り離された仙境のよう。

\口コミ ピックアップ/

どの季節でも、何度行っても綺麗です。春は新緑とかやぶき屋根の家、夏は真っ青な空、秋は紅葉、そして冬は雪に埋もれた家々が本当に綺麗です。何度行ってもいつでも新鮮な気持ちにさせてくれます。奥の高台からの景色もおすすめです。

(行った時期:2016年10月) 世界遺産白川郷合掌造り集落

住所/岐阜県大野郡白川村荻町

「世界遺産白川郷合掌造り集落」の詳細はこちら

古い町並

古い町並出典:じゃらん 観光ガイド 古い町並

\口コミ ピックアップ/

飛騨高山の古い町並みを残した場所です。

古い民家はカフェなどの飲食店やお土産屋さんなどいろいろなお店や民家です。

なかなかに良い雰囲気でした。

(行った時期:2016年10月) 古い町並

住所/岐阜県高山市上三之町界隈

「古い町並」の詳細はこちら

世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ

世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ出典:じゃらん 観光ガイド 世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ

淡水の水族館としては世界最大級を誇る。4F建ての館内は、長良川の源流に始まり、世界の川へと広がっていく。約260種類・28500の生き物に出逢え、魚類を中心に爬虫類や両生類、鳥類など水辺の生き物たちのくらす環境が緻密に再現されている。大迫力のメコンオオナマズやピラルクーなどのほか、かわいらしいコツメカワウソも人気。アシカショーやカピバラのふれあい体験は毎日開催。お値打ちな年間パスポートも魅力的です。 東海北陸自動車「川島PA・ハイウェイオアシス」隣接のため、ハイウェイオアシスに駐車したまま、歩いて来館できます。

\口コミ ピックアップ/

アシカのショーがとても楽しかったです。観客席までアシカが来てくれて、全員の前を通ってくれました。とても可愛いかったし、間近で見れたので嬉しかったです。

(行った時期:2016年10月) 世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ

住所/岐阜県各務原市川島笠田町1453 河川環境楽園内

「世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ」の詳細はこちら

国営木曽三川公園・木曽三川公園センター

国営木曽三川公園・木曽三川公園センター出典:じゃらん 観光ガイド 国営木曽三川公園・木曽三川公園センター

国営木曽三川公園は、岐阜・愛知・三重の3県にまたがる都市公園で、昭和62年オープンしました。木曽三川(木曽川・長良川・揖斐川)沿いに拠点が点在し、下流部にある木曽三川公園センターには、高さ65mの「展望タワー」、木曽三川の歴史自然を紹介する「水と緑の館」、輪中地帯の独特の建物「水屋」や子供たちに人気の木製遊具、芝生広場などがあります。

\口コミ ピックアップ/

冬になると大規模なイルミネーションが素敵な公園です。のんびるすることもできますし、サイクリングコースもあります。

子ども用のアスレチックもあるので子供も好きな公園です。

(行った時期:2016年10月10日) 国営木曽三川公園・木曽三川公園センター

住所/岐阜県海津市海津町油島255-3

「国営木曽三川公園・木曽三川公園センター」の詳細はこちら

河川環境楽園

河川環境楽園出典:じゃらん 観光ガイド 河川環境楽園

国営・県営公園などから構成された環境共生型テーマパーク。東海北陸自動車道、川島PAやハイウェイオアシスから直接入園することができる。

\口コミ ピックアップ/

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。