体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【横浜】秋に家族旅行で行きたい!おすすめ観光スポット20選!

【横浜】秋に家族旅行で行きたい!おすすめ観光スポット20選! 横浜メイン

横浜は人気観光スポットが盛りだくさん。

お子様連れが楽しめる横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール、こども自然公園、動物園や水族館もおすすめ!

中華街などみなとみらい21はお子様だけでなく大人も一緒に楽しめます。

秋の横浜を家族で楽しもう!

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

みなとみらい21

みなとみらい21出典:じゃらん 観光ガイド みなとみらい21

かつて造船所や鉄道用地で二分されていた横浜の都心部を一体化し、オフィス・商業・文化・アミューズメント・住宅などの多様な機能が集積した地区です。横浜美術館・ランドマークタワー・パシフィコ横浜・クイーンズスクエア等があり、多くの人が行き交う都市型観光地として、活気に満ちあふれています。

\口コミ ピックアップ/

レストランもたくさんあり、ショッピングも楽しめます♪お店は本当にたくさんあるので、飽きずに過ごせますよ!

(行った時期:2016年10月) みなとみらい21

住所/神奈川県横浜市西区みなとみらい

「みなとみらい21」の詳細はこちら

野毛山動物園

野毛山動物園出典:じゃらん 観光ガイド 野毛山動物園

昭和26(1951)年に開園した横浜市民に昔から親しまれてきた都市型動物園です。「なかよし広場」ではウサギやモルモットなどとの触れあい体験ができます。

\口コミ ピックアップ/

子供の頃、よく行きましたが、変わってないように思います。昔も今も、地元の子供たちが遊びに来るのを見ると、昭和の横浜が残っているように感じます

(行った時期:2016年10月) 野毛山動物園

住所/神奈川県横浜市西区老松町63-10

「野毛山動物園」の詳細はこちら

横浜中華街

中華街出典:じゃらん 観光ガイド 横浜中華街

飲食・食材・雑貨等、500軒以上の店が軒を連ねる世界最大級の中華街。広東・北京・上海・四川など本場の中国料理を堪能できる。中華街の正門である善隣門は高さ15mで朱と金で彩られている。門をくぐると中国情緒があふれている。

\口コミ ピックアップ/

行くと毎回食べ過ぎちゃいますが、どれも美味しい!!食べ過ぎに最高です!!又、中華の食べ放題のお店では本格的な中華料理が沢山食べれて至福のひと時でした~

(行った時期:2016年10月) 横浜中華街

住所/神奈川県横浜市中区山下町

「横浜中華街」の詳細はこちら

横浜港大さん橋国際客船ターミナル

横浜港大さん橋国際客船ターミナル出典:じゃらん 観光ガイド 横浜港大さん橋国際客船ターミナル

大さん橋埠頭は、明治27(1894)年の完成以来、日本の海の玄関として活躍してきました。現在の横浜港大さん橋国際客船ターミナルは、平成14(2002)年にリニューアルオープンしたものですが、個性的なデザインと斬新な構造の空間美を持ち、日本を代表する港にふさわしい客船ターミナルとなっています。ベイブリッジから赤レンガ倉庫、みなとみらい21地区まで360度の夜景が素晴らしい。

\口コミ ピックアップ/

港、海、みなとみらいの街が一望できて、なおかつムードがあるレストランでおいしい飲み物と食事ができて最高の気分が味わうことができます。

(行った時期:2016年10月) 横浜港大さん橋国際客船ターミナル

住所/神奈川県横浜市中区海岸通1-1-4

「横浜港大さん橋国際客船ターミナル」の詳細はこちら

横浜・八景島シーパラダイス

横浜・八景島シーパラダイス出典:じゃらん 観光ガイド 横浜・八景島シーパラダイス

\口コミ ピックアップ/

こどもの幼稚園の遠足で行きました。

水族館は綺麗でショーも楽しかったです。

海の動物とふれあえるゾーンもあり、

子供にいい経験をさせてあげれました。

(行った時期:2016年10月) 横浜・八景島シーパラダイス

住所/神奈川県横浜市金沢区八景島

「横浜・八景島シーパラダイス」の詳細はこちら

横浜赤レンガ倉庫[1号館及び2号館]

横浜赤レンガ倉庫[1号館及び2号館]出典:じゃらん 観光ガイド 横浜赤レンガ倉庫[1号館及び2号館]
1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。